メールマガジン バックナンバー

2709号 2021年7月22日

チームの力を考える(3) ~「タックマンモデル」とは?/チームが発達する5つのステップ~

(本日のお話 2652字/読了時間3分)

■こんにちは。紀藤です。

4連休の開始。
大学院の課題を進めつつ、
夏から始まる企画の準備など。

さて、本日のお話ですが、
引き続き「チームの力を考える」コーナー。

今日は「チームの形成」について、
有名なモデルをご紹介させて頂きます。

それでは早速参りましょう!

タイトルは、


【チームの力を考える(3) ~「タックマンモデル」とは?/チームが発達する5つのステップ~】


それでは、どうぞ。



■チームが生まれ、成長し、
そして、機能するためには
ステップがある、と言われます。

この

”チームが発達していく過程”

をわかりやすく説明したモデル。

それが、

『タックマンモデル』

と呼ばれるものです。

1965年に心理学者のタックマンにより、
提唱されました。



■これがシンプルなのですが、
実に納得感があるものでして。

簡単に概要をお伝えすると、

”チームの発達には、
避けられない5つのフェーズ”
 
がある、と言います。


そして、これらのフェーズは
チームが生まれるときに
基本、避けられないもの。

ゆえに、
この5つのフェーズの「特徴」や、
乗り越えるための「成功への鍵」を
理解しておくことで、

「チームの形成に役立つ」
(=チームビルディングに役立つ)

と言えるかと。



■では、5つのフェーズとは
一体どのようなものでしょうか?


以下、特徴ならびに、
成功への鍵をまとめてみました。

(ここから)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【タックマンモデル ~チームが発達する5つのステップ~】

<1,形成期(forming)>
◯特徴
・チームが立ち上がったばかりのタイミング。
・メンバーが知り合いとなり、お互いに遠慮がち。
・コミュニケーションの仕方や、チームとしての目標や課題を
 探っている段階である。
・チームメンバーとしての意識が芽生える。
 
◯成功への鍵
・意図的にメンバーを選ぶ
・チームの目的・ビジョンを特定する
・共有メンタルモデルを作る
(例:共通言語、共通のルール決め等)



<2,混乱期(storming)>
◯特徴
・チームに慣れてきて、信頼を獲得し始める時期。
・同時に、チームの目標や、各自の役割・責任等について
 混乱や対立が起こる。
・チームとしての目標ではなく、”各メンバーの言動や考え方”に
 意識が向きがちになる。。
・ただ、この時期を乗り越えることで、チームメンバーが
 お互いの違いを理解し、快適に参加できるようになる。
・チームが機能するための重要な時期、とされる

◯成功への鍵
・相互信頼を築く(関係性の向上)
・チームメンバーの役割と責任範囲を明確にする
・取り組み方のルールを決める
(例:情報共有の仕方、アウトプットの出し方など)



<3,統一期(norming)>
◯特徴
・チームの目標、役割など共通認識が生まれる。
・メンバー同士の相互理解や尊重が生まれ、
 相手をそのまま受け入れ、先に進む努力をする時期。
 
◯成功への鍵
・相互にフィードバックをする
・リーダーシップを発揮する人を変えていく
・チームの計画や関わり方を話し合う時間を作る



<4,機能期(perfoming)>
◯特徴
・チームが成熟し、理想的な状態。
・メンバーが自律的に各々の役割を果たし、
 目的に向かって衝突せずに進めている状態。
 
◯成功への鍵
・チームの役割に柔軟性をもたせる



<5,離散期(adjourning)>
◯特徴
・目標が達成したり、時間的な制約で
 チームが解散をする時期。
・メンバーはチームから離れていく

◯成功への鍵
・将来のリーダーシップの機会を創出する
・新しいメンバーの選出をサポートする


※「Tuckman's stages of group development」より一部引用し作成
https://en.wikipedia.org/wiki/Tuckman%27s_stages_of_group_development
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■さて、いかがでしょうか。

確かに自分のこれまでの
職場やその他の”チーム”を思い返してみても、

まさに、

「形成期」→「混乱期」→
「統一期」→「機能期」→「離散期」

という流れだったなあ、、、

と思い出されます。



■ちなみに、某タイヤ工場にて
”討議集団(=チーム)が発達する過程”
を観察した研究があるのですが(関,1976)

そこでは、こんな様子が見られたそうです。
討議集団ができると、

・メンバーが討議テーマを
 何にしたらよいか暗中模索の状態が見られた(1.形成期)
  ↓
・発言の多い2人のメンバーの対立と葛藤。
 トレーナーに対する攻撃的な態度が見られた(2.混乱期)
  ↓
・メンバー間で相互理解の必要性が認識される。
 少数意見を引き出そうとする試みも見られた(3.統一期)
  ↓
・メンバーが互いに自己露呈が必要と認識する。
 討議が活発に進められる(4.機能期)
  ↓
・メンバーはそれまでのプロセスを
 振り返り解散した(5.離散期)
 
という流れで、

チームが発達し、
そして離れていったそうです。

(釘原直樹(2011)『グループ・ダイナミックス 集団と群衆の心理学』.有斐閣より)


、、、まさに、ですね。

このような流れは、
皆さま自身を思い返してみても、
例えば、

修学旅行でのグループワークも
文化祭での実行も、
部活でのチーム形成も、
大学院でのチームづくりも、

みんな、みーんな
似たようなプロセスを歩んだのでは、
ないでしょうか。



■そして、チーム形成の肝は、

”3,混乱期(storming)”

なのです。

基本的には
大なり小なり「混乱期」は
やってくるもの。


そして、混乱期を乗り越えるための
対策(=成功の鍵)も見つかっていますから、

これらを予習(?)しておくことで、

”訪れる混乱期(storming)”における
嵐の大きさや、長さ、破壊力を
変えることができる、

と言えそうです。



■そのために、

(上記に記載した内容の
 繰り返しになりますが)


チームの「形成期」には、

・チームの目的・ビジョンを特定する
・共有メンタルモデルを作る
(例:共通言語、共通のルール決め等)

そして、「混乱期」に向けて、

・相互信頼を築く(関係性の向上)
・チームメンバーの役割と責任範囲を明確にする
・取り組み方のルールを決める
(例:情報共有の仕方、アウトプットの出し方など)

などを行う。


そして、「統一期」に入ったとて、
また混乱期に戻る可能性もあるので、

・相互にフィードバックをする
・チームの計画や関わり方を話し合う時間を作る
・役割に柔軟性をもたせる


ことをしていく、、、

これが、チームを形成するための、
成功の鍵、と言えるのでしょう。



■タックマンモデルは
一つの考え方であり、参照枠です。

しかし、これらを知っておくと

「チームを作るための傾向と対策」
 
ができるようになりますから、
とっても便利です。


知っていれば、チームの初期段階に
お互いのことを深く話し合う重要性も
十分理解ができるはず。



■ちなみに余談ですが
私(紀藤)は、「新しいチーム」になったときは

1)自己紹介にめちゃくちゃ時間をかける
 (こんなに!というくらい毎回やりたい口です)

2)ストレングス・ファインダーを使って
  自分の強みと弱みの自己開示をする
 
3)どんなチームにしたいのか、
  チームの目的とグラウンドルールを決める
 
ことをやります。

しかし、お互いのこだわりなどわかると、
仕事もしやすいので、おすすめです。

==========================
<本日の名言>

まったく違う知識や考えを持った人と、
まず対話できることこそが大事だ。

盛田昭夫(SONY創業者/1921-1999)

==========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する