メールマガジン バックナンバー

2308号 2020年6月15日

7つの習慣の元トップセールスが語る『7つの習慣』(7)〜「主体的な言葉」を使うべし!(第一の習慣)〜

(本日のお話 3289字/読了時間4分)


■おはようございます。紀藤です。

昨日日曜日は
朝8:00からリーダーシップの勉強会。

海外とつないで英語での勉強会でしたが
大変刺激になりました。

(英語のリスニングの無力さを
 改めて分かったという意味で汗)

また午後からはシステムコーチングの実施でした。



さて本日のお話です。


毎週土曜日に書くとお伝えしていた

「7つの習慣の元トップセールスが語る
 7つの習慣コーナー」ですが

ふと書きたい思いがメラメラと
沸き起こってきました。

ということで今日も書かせていただきます。



前回は

「第1の習慣 主体的である」で

・刺激と反応の間にスペースを開ける
・影響の輪にフォーカスする

というお話をさせていただきました。


今日は「第1の習慣」の最後、
『主体的な言葉を使う』について
お伝えさせていただきます。

テーマは、


【7つの習慣の元トップセールスが語る『7つの習慣』(7)〜「主体的な言葉」を使うべし!(第一の習慣)〜】


それでは早速参りましょう。





■皆さまは、

「口癖」

がありますか?


多分ですが、どなたにも
何かしらあるはず。


ただ多くの場合
自分では気づいていないもの。

しかし、口癖は
自分のパラダイム(ものの見方・考え方)を
反映しています。



■私の例ですが、
以前コーチの人から、

「ヤスさん(紀藤のこと)って、よく
 ”ちゃんと”って言いますよね」

と言われたことがありました。


それから自分で意識してみると
ものすごく「ちゃんと」という単語を
普段から連発していることに気づきます。


そして考えてみると、

”もっとよくしたい、
 完全なものを目指したい”

という自分のパラダイムが
反映されていることに気づきました。

「言葉は自分のパラダイムを反映している」

のです。



■同時に、以下の事も言えます。


『言葉によって
 自分の内面(考え方・感情)も
 影響を受ける』


ということ。






一つ、実験をしてみましょう。




Q、以下の言葉を 感情を込めて読んでみてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・私にできることは何もない

・私はいつもこうやっている

・あの人は頭にくる

・そんなことが認められるわけがない

・私はそれをやらなければならないの

・私は〜できない

・私は〜しなければならない

・〜でさえあったらなら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

、、、


気持ちを込めて
読んでいただきましたか?


読んでいただけた方に問います。

「読んでみて、どんな気持ちになりましたか?」

この感覚を覚えておいてください。





■では、もう1パターン
やってみましょう。


Q、以下の言葉を 感情を込めて読んでみてください

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・私は他のやり方を探す

・私は気持ちを抑える

・私は効果的なプレゼンテーションができる

・私は適切な対応選ぼう

・私は選択する

・私は〜の方がよい

・私は〜しよう

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さて、気持ちを込めて
読んでいただけましたか。


頭の中で読むだけではなく
実際に声を出して、
感情を込めて読むことがポイントです。


そうすると、違いに気づくはず。



■おそらくですが、


前者の「○○しなければならない」という言葉軍は、

読んでいて、

・エネルギーが下がる感じ
・自己効力感が下がった感じ
・ちょっと重たい感じ

がしたのではないでしょうか?

そして、

後者の「○○しよう」という言葉軍は、

・元気が出る感じ
・自己効力感を感じる
・軽やかな感じ

を感じられたかと思います。


(暗示とか、嘘くさいと思うかもしれませんが、
 実際にリアルにやると本当に感じられるはず)



■さて、この前者の言葉
「しなければならない」なる言葉を
”反応的な言葉”といい


一方、「しよう」なる言葉たちを


『主体的な言葉』


といいました。


そして、コヴィー博士は、
これら言葉の特徴について、
以下のように語りました。


(ここから)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

反応的な人の言葉は、決定論のパラダイムから生まれる。

彼ら言葉の裏にあるのは、責任の転嫁である。

自分には責任がない、
自分の反応を選ぶことはできない、

と言っているのである。

(中略)

反応的な言葉の厄介なところは、
それが自己達成予言になってしまうことだ。

決定論のパラダイムに縛られている人は、
自分はこういう人間だという思い込みを強くし、

その思い込みを裏付けている証拠を、
自分でつくり上げてしまう。

こうして被害者意識が増していき、
感情をコントロールできず、
自分の人生や運命を自分で切り開くことができなくなる。

自分の不幸を他者や状況のせいにする。

星のせいだとまで言い出しかねない。


※引用『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』P115-117より

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(ここまで)



■「言葉が、自己達成予言になる」。

ココなのです。


「〜しなければならない」と、
常に言っていると世界がそうなってしまう。


言葉と思考と行動は、
お互いに影響を与えあっています。

元気がないからと愚痴っていると
その愚痴った言葉でますます暗くなるのです。

そして自己コントロール感を失い、
他者や状況のせいにしてしまう思考の癖がついてしまう。


ならば、多少無理にでも
「主体的な言葉」を使ったほうがよい。


思考はコントロールできなくとも
「使う言葉」は選択できるからです。


そして主体的な言葉を使い続けていると
時差を持って、思考も言葉によって
影響を受けていくのです。




■実はこの話は、日本の哲学者も
同じような話をしています。

日本の礎を築いた

松下幸之助氏
稲盛和夫氏
山本五十六氏
原敬氏

を始めとした偉大な経営者等に
大いなる影響を与えた

「中村天風氏」

という方がいます。


この方は、
「日常の心がけ」として
以下のように説きました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<日常の心がけ> 〜言葉遣い〜

・困った、弱った、情けない、悲しい、
 腹が立つ、助けてくれ、どうにもならない等
 消極的な言葉は絶対に口にしない
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


、、、と。



■精神論のように
聞こえてくるかもしれません。


ただ、言葉によって
私たちの考えが影響される。

言葉が自己達成予言になる。

そして日々の気分にも
影響してくる。


「言葉で自分の世界を作り上げている」


のです。



■責任は英語で、

「responsibility」

です。


これは、

response(反応)+ability(能力)

という「反応を選択する力」です。


他者や状況のせいにする、他責思考ではなく
あらゆることが自分のせいであるという「自責思考」。

自分にはすべての責任があると、
骨の髄まで思うこと。

それが「第1の習慣 主体的である」ということです。



■そしてその世界に生きているということを
自らに躾けるためにも、

「言葉」を使うときは
「〜する」「〜自分は選択した」というように



『主体的な言葉を使うべし』



なのです。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<今日のまとめ>

・「言葉」は自分のパラダイム(物の見方・考え方)を表す。
 同時に「言葉」よって、思考も影響を与えられる。

・そして言葉には2種類ある。
 1つ目は、「〜しなければならない」という”反応的な言葉”。
 2つ目は、「〜する/しよう」という”主体的な言葉”。

・”反応的な言葉”を口にしていると
 他者や状況に依存的になっていく世界が
 自己達成予言によって作られてしまう。

・ゆえに、自らが使う言葉に自覚的になること。
 そして、意識して「〜する」というような
 ”主体的な言葉”を使っていくべし。

・そのことで世界への自責の思いを強め
 主体的な状態でいることができる
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■ということで、


「第1の習慣 主体的である」は

・刺激と反応の間にスペースを空ける
 (=自分で行動を選択できると知る)

・影響の輪にフォーカスする
 (=自分が影響を与えられることに時間とエネルギーを投資する)

・主体的な言葉を使う
 (=「〜する」と語ることでプラスの自己達成予言を形にする)


というお話でした。



次回は、「第2の習慣 終わりを思い描くことから始める」
に入っていきます。

真面目な話、一番大事な習慣。
ぜひお楽しみに。


=========================
<本日の名言>

「与えられた環境でどう振る舞うか」でしか
人間は前に進むことはできない。

スティーブン・R・コヴィー

=========================

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する