メールマガジン バックナンバー

2753号 2021年9月4日

学びの源泉とは、幼子のごとき「衝動」にこそある

(本日のお話 1513字/読了時間2分)


■こんにちは。紀藤です。

昨日はストレングス・ファインダー研修の2日目。
また、夜は大学院の打ち合わせでした。



さて、本日のお話です。

先日、現在の人材開発・組織開発につながる
哲学者デューイの考え方を学びました。

その代表的な著書の『経験と教育』の中で、

「衝動の重要性」

について書かれていました。

今日はそのお話について、
皆さまに学びと気づきをご共有させて
頂きたいと思います。

それでは早速参りましょう。


タイトルは、



【 学びの源泉とは、幼子のごとき「衝動」にこそある】



それでは、どうぞ。



■”『衝動』とは
 行為の原動力として
 究極の動的源泉である”。


、、、とデューイは
『経験と教育』(P112)において
語りました。



■時は遡ること100年前。

1900年前後の話です。

プラグマティズムの代表的哲学者デューイは、

「旧教育(伝統的教育)の
 教師中心主義、教科書万能主義には限界がある」

として、

「子供の個性や興味、自己表現
 ”衝動”を尊重した学びを!」

と『進歩主義教育』の考え方を
確立しました。



■今でもよく言われる

「子供の自発性を大切にしよう」

「子供が自ら進んで
 学べるように工夫しよう」
 
という教育の考え方は、
100年前、デューイによって語られたのですね。


、、、そして、今なお
その大いなるテーマ(課題)は
進行中のようです。



■さて、そんなデューイですが、

経験学習(経験から学ぶこと)について


「衝動(Impulse)が重要だ」


と語ったのでした。


例えば、幼い子供であれば


・「喋りたい」(言語の衝動)

・「何かを作りたい」(構成の衝動)

・「もっと深く知りたい」(探究の衝動)

・「何かを作り伝えたい」(表現の衝動)


という4つの衝動がある、といいました。
(参考:デューイ『学校と社会』P60-61)


そして、

1,Impluse
 「正真の目的は衝動から生じる」
 
2,Observation
 「環境を観察する」

3,Knowledge
 「過去に得た知識と結びつくか探索する」

4,Judgement
「観察されたものと過去の知識を結びつけ意味づけ」


し、また次なる衝動が生まれる、

といったのでした。


、、、と堅苦しく
表現していますが、


これがしたい!という
「衝動」から始まり、
 ↓
その衝動で動いた結果、
「新しい体験」を経て、
 ↓
今までの経験と紐付けて考える
「新たな探求」になり、
 ↓
過去の知識と結びつけて
「新たな発見・気づき」等が起こり、
 
そして、

 ↓
もっとこれが「知りたい!」等
「新たな”衝動”」が生まれてくる。


、、、というわけです。



■まさに子供の頃の、

「もっと知りたい」
「もっと試してみたい」
「どういうことか探求したい」

という「衝動」こそが、
経験の原動力となっている。


すなわち、

”『衝動』とは
 行為の原動力として
 究極の動的源泉である”
 
とデューイが語ったのは、
実に納得であるな、、、

と感じたのでした。
 
 

■では、翻って、
私たち”大人”を考えた時に、

「もっと知りたい」
「もっと試してみたい」
「どういうことか探求したい」

という「衝動」は内側からあるだろうか?

、、、と思ったのでした。


もしかすると、社会に出て
10年、20年と経ち、

自分のやり方が確立され
それなりに上手にできるものの、

「衝動」はなく、
淡々と日々を送っている。



なんてことがあったとしたら、

「新たな経験」も
なかなか起こらないだろうし、

「新しい学習」も
やっぱり発生はしないのだろう、、、


と思ったのでした。



■経験が大事だ、

学びが大事だ、といいますが、

同時にその源泉となる


『自分の”衝動”はあるか?』


と問うてみるのも大切であろう、

と思います。



■生後約半年の
我が子を見ていても
まさに「衝動」の塊だと感じます。

新しい物事に触れ、
新しい世界を知り、
感情が揺れ動いていく。

これは見習うべきことが
たくさんあるなあ、、、と

ルンバのように這い回る赤子を見て、
そのように感じております。


身体は大人になったとしても

知的好奇心を常に携え、
幼子のように新しい”衝動”を
生み出し続けられる自分でありたい、

そのように感じた次第です。

『衝動』、大切にしたいものです。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

==========================
<本日の名言>

私たちは前進を続け、新しい扉を開き、
新たなことを成し遂げていく。
なぜなら、好奇心旺盛だからだ。
好奇心があればいつだって新たな道に導かれる。

ウォルト・ディズニー(ウォルト・ディズニー社創業者/1901-1966)

==========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する