メールマガジン バックナンバー

2293号 2020年6月1日

7つの習慣の元トップセールスが語る『7つの習慣』(1) 〜 7つの習慣ってそもそもなんだ??

(本日のお話 2056字/読了時間3分)

■こんにちは。紀藤です。

昨日日曜日は、早朝8:30-11:30まで、
とある組織の重鎮を招いて行う、
13名でシークレット勉強会の開催。

また読書や、メルマガ(その他、筋トレ)などでした。



さて、早速ですが本日のお話です。

私(紀藤)の専門分野は「7つの習慣」なのですが、
ふと思えば、7つの習慣そのものについて
あまりメルマガで語ってこなかったな、、、

とふと思いました。

「7つの習慣」のフランクリン・コヴィーの
元トップセールスとして(一応アピール)
長年研修に触れ、考えて、「7つの習慣」を活用してきました。

そのお蔭で、仕事もプライベートも、
やっぱり上手くいったのですよね。

今回は、ファンの1人として
個人的な見解も踏まえて、
皆様にお届けさせていただければと思います。

タイトルは

【 7つの習慣の元トップセールスが語る『7つの習慣』(1) 〜 7つの習慣ってそもそもなんだ?? 】

それでは、どうぞ。

■7つの習慣の研修会場などで

「7つの習慣を知っている人ー?」

と聞くと、大体8割くらい手が上がります。

「最後まで読んだことある人ー?」

と聞くと、一気に手が下がります。。

「まんがバージョンなら…」と
つぶやく声が聞こえてきます(漫画もいいですよー)

そこで、手を休めず、
わずかに上げた「読んだことがある人」に対して、
更に追い打ちをかけるように

「読んだことある方、手を挙げたままにしてください。
どんなことが書いてありましたかー?」

と聞いてみると
皆さん一斉に、目を逸らします(笑)

■以上、”「7つの習慣」あるある”です。

世界4000万部、日本で230万部のベストセラー!
なんて言われている「7つの習慣」なのに、

あるいは、「7つの習慣いいぞー」と
上司から部下によく勧められる1冊

『結局、何の本だかよくわからない』

というのが大多数の声のよう。

(試しに、勧めてきた上司に聞いてみて下さい。
「何が書いてあるんですか?」、、、と。
多分、言葉につまるはず…)

■ではそんな「7つの習慣」。

どんな本なのでしょう?

一言でいうと、

『成功者の考え方をまとめた本』

です。

ここで言う「成功者」とは、
お金とか、名声とかではなく、

”自分が得たいものを得た人生を送った人”
(=そして周りもハッピーにした人)

です。

■「7つの習慣」が書かれた背景は、
意外と知られていないのですが

著者のコヴィー博士は
アメリカの建国200年を記念して、

「後世に残る役に立つものを残したい!」

と思い、この本を書きました。

そのテーマが「成功」だったのです。

そして、米国で200年の間に出版された数百冊もの本を読み漁り、
「成功者」に共通して書かれている考え方や行動などを調べたそうです。

そうすると、分かったことがありました。

{その1}
第一次世界大戦以降(直近50年)は、「スキルやテクニック」にフォーカスされていた

{その2}
第一に世界大戦前は(200年前〜50年前)は「人格やあり方」にフォーカスされていた

ということ。

■しかし、ふと気づきます。
最近流行りの、「テクニックやスキル推し」だけだと

一時的に成功したように見えても、

・一瞬のピークで終わったり、
・お金は手に入っても人間関係ボロボロ

みたいに、
「本当の成功」は手に入らないのだ、
とコヴィー博士は言うわけです。

■ゆえにコヴィー博士は

「短期ではなく、長期継続的に人が成功し続けるためには、
自分が本当に得たい成果をえるためには、「人格」こそが大事である!」

と言ったのでした。

人格、すなわち、考え方が大事なのです。

ゆえに、本のタイトルも、
『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』
となっているわけです。

■しかし、基本「人格」なるものは、
めちゃくちゃ曖昧なわけです。

・「誠実」であること
・「情熱」を持つこと
・「勇気」を持つこと
・「当事者意識」を持つこと
・「ビジョン」を持つこと
・「人に優しく」あること
・「時間を大切にする」こと
・「相手の意見を尊重する」こと
・人の話を「よく聞く」こと
・「協力」すること

、、、などなど。

だから、「考え方」を熱く語る上司は、
時に煙たがられます(苦笑)

色々あるし、しかも抽象的だし、、、。

「あり方」といっても、
なんだかフワっとしていて
どうやったら身に付けられるかわかんないし。

、、、というように。

でも、おわかりだと思いますが、
「考え方」って、絶対大事なのです。

■ここで「7つの習慣」がなぜ素晴らしいのか?

なぜ、ここまで売れ続けているのか?

世界中の影響力がある人が、
こぞって支持をしているのか?

の答えがあります。

「7つの習慣」とは、

【成功者が持つ「人格(考え方)」というつかみどころがないものを、

「具体的な考え方とフレーム」を通じて、

誰もがわかるように「体系的に整理」をした】

のです。

この網羅性と、理論的なわかりやすさが
極めて秀逸で、他のどの本にもなく、

「7つの習慣」の存在を、
唯一無二にしているのです。

7年前に行った、
アフリカのタンザニア(キリンとか像がいっぱいいた国立公園)の中の
さびれた本屋さんの中にも「7つの習慣」が置いてあったくらいですから。

■そして、そんな「理論的・体系的にまとめている」ゆえに
世の中の自己啓発的な本、マインド系の本は

”「7つの習慣」の一部で言われていることと結局同じ”

になります。

(なぜならばそういった数百冊の本をまとめたのが
「7つの習慣」なので)

ゆえに、

”「7つの習慣」一冊読めば、
成功するために必要な考え方は一通り全部わかる“

と言えるでしょう。

■明日は、「7つの習慣」の7つに入る前の土台の部分、

『基礎原則』

と呼ばれるお話をしたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<今日のまとめ>

・「7つの習慣」は過去200年の成功本をまとめた本

・長期継続的に成功するためには、テクニック・スキルではなく、「人格」が重要

・その曖昧な「人格」なるものを、体系的に、
具体的な考え方、フレームに落とし込んで切り分けたものが、「7つの習慣」である

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※本日の話は、著者(紀藤)個人の見解も一部含めて入れて説明したものです。

===========================
<本日の言葉>

もし、『7つの習慣』を世界中の大人の必読書とし、
すべての子供達の教科書にしたなら、
輝かしい未来を手に入れることができるだろう。

人生のゴールとは自分で創るもの。
そして、その幸せを追い求めるプロセスことが
充実した人生と言えるのだ。

本書は、自分らしい幸せを獲得するための
アクションを引き出してくれる実用的な現代のリベラルアーツと言えるだろう。

明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授 野田稔

===========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する