メールマガジン バックナンバー

665号 2015年11月25日

2組のサンタから学ぶ、「使命」の意義

(今日のお話 2038文字/読了時間2分半)
■おはようございます。紀藤です。

先日は4件のアポイント。

少し前の話ですが、先週参加した、
「ダイヤモンド経営塾」にて、

”ピーター・ドラッカーの『5つの質問』”

についてお話を聞く機会がありました。

ドラッカーと言えば、
「マネジメントの神様」とも称される有名人。

著書をお読みになられた方も、
いらっしゃるのではないかと思います。

そんな、
”ドラッカーの5つの質問”の中で、
一番最初の質問とは、何なのでしょうか。

それは、

『われわれの使命は何か?』

というものでした。

今日はこのお話について、
ドラッカー塾の代表もされている
国永秀男先生のお話から、
学んだことを共有させて頂きたいと思います。


■しばしばビジネスでは、

”企業には、使命(ミッション)が大事である”、

という話を耳にすることがあります。

そしてドラッカーの質問でも、
同様に「使命が何か?」を考えることが、
経営者にとって必須の質問である、

といいます。

では、なぜ

「使命」が大事なのでしょうか?

この答えについて、
ドラッカー塾の代表でもある国永先生は、
このような例え話で説明されました。

例えば、こんな話。

2組のサンタの例え話です。


クリスマス・イブの夜に、
2組のサンタの集団がいるとします。

設定としては、12月24日の夜、
ある町で子供たちにプレゼントを配るために、
サンタ達が集まった、というイメージ。
(一応、「複数いる」という設定です)

1組のサンタ・グループには、
「使命」があります。

サンタの使命とは何か?

恐らく、代表的な答えとしては、

「子供に夢を与えること」
「子供を喜ばせること」

などではないでしょうか。

クリスマス・イブの夜
トナカイのソリに乗って、
子供達に気付かれないようにそっとプレゼントを届け、
その喜んだ顔を想像して、嬉しくなる。

「使命を持ったサンタさん」を想像すると、
そんなイメージが沸いてきそうです。


■さて、もう一組のサンタさん。

こちらは、「使命」がありません。

何となく集まってきたサンタたちです。

日雇いバイト的なイメージで、
「お金」目的だったり、
「出会い」目的だったりするかもしれません。

そんな彼らにマネージャーから、
24日の夜、指示がされます。

「使命」は含まれませんので、
作業内容だけ伝えられます。

イメージとしては、
こんな感じでしょうか。

「今夜、皆さんは子供たちに、
 この品物を届けてもらいます。

 届け先と中身は、このリストにある通りです。
 書いてある順番で、回ってください。

 ちなみに、届け方にも規定があります。

 雪が積もっている屋根に上って、
 煙突から気付かれないように注意して入ってください。

 子供たちの枕元に靴下がありますから、
 そこへプレゼントを忍ばせてください。

 そして入ってきた煙突から帰ってください。
 気付かれては、ダメですよ。

 それを合計200件、1晩中に回ってください」

そして、それに準じて、
家をひたすら回っていく・・・


■さて、ではこの2組のサンタ達。

「使命のあるサンタクロース」と、
「使命のないサンタクロース」。

比較をしたときに、
どういった仕事の姿勢の違いがあるでしょうか?

またプレゼントを配っている時の気持ちは、
どう違ってくるでしょうか?

恐らくですが、
「使命のあるサンタ」は、

子供たちの笑顔を想像したり、
モチベーション高く行動したり、
活き活きとプレゼントを届けたり、
多少辛くとも、活き活きと頑張っていそうです。

しかし、
「使命のないサンタ」はどうか。

”なぜ、何のためにプレゼントを届けるのか”

が、決定的にかけているサンタ達です。

プレゼントを届ける=夢を届けるのではなく、
地味な配達業の繰り返し、という認識です。

恐らくですが、
そんな想いでプレゼントを配ったとしたら、

「こんな寒い夜に、何だって屋根に上らなきゃいけないんだ」
「煙突から入るなんて危険すぎる」
「こんなでかいプレゼント頼むなんて厚かましい子供だ」
「この仕事、割に合わないよな」

そんな、愚痴のような
コメントが出てきそうです。


■そして、ここで注目したいのが、
この2組のサンタさん、実は、

【実際にやっていることは同じ仕事である】

ということなのです。

サンタクロースというと、
素敵な雰囲気がする言葉ですが、
行為だけ見れば、「配達業」です。

それでも、

”大きな使命があるかどうか”
で、

その仕事に取り組む姿勢は、
ガラリと変わってくる。
そして結果も変わってくるのでしょう。

「使命」とは、そういった力を持っているようです。


■なぜ、使命が大切なのか。

ドラッカーは、このように言います。

『使命は、われわれに
「仕事の価値」と「エネルギー」を与えてくれる』
と。

目に見えない”使命”ですが、
それがめぐりめぐって、
個々人の仕事のやりがいに繋がり、
人材の定着化や組織の成果にも、繋がってくる。

とするのであれば、
企業にとって

「使命はあればいいもの」

というよりも、

「使命はなければならないもの」

といえそうですし、
だからこそ、ドラッカーの5つの質問において、

『われわれの使命は何か』

という問いが最初に掲げられているのでしょう。

私達の使命とは、何か。

時折立ち止まって、考えてみると、
思わぬ発見があるかもしれませんね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。

【本日の名言】 組織には、明確な使命がないといけない。
目的があるときに最も生産性が良い。

ピーター・ドラッカー""""

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する