メールマガジン バックナンバー

2174号 2020年2月3日

カナダ日記 vol.3 ~言葉以外の「メタスキル」なるものを感じた日~

(本日のお話 2104字/読了時間3分)

■こんにちは。紀藤です。

さて、2日前より個人的なチャレンジである、
「カナダでのコーチング研修」について記載をしております。

昨日は、1日目の前半。
英語が苦手で突っ込んでいったものの、
思ったよりも皆が優しくて、受け入れてくれた。

というお話でした。

本日は1日目の午後のお話から、
カナダ研修の気付きについて、
皆さまに引き続き本日もご共有できればと思います。

タイトルは、


【カナダ日記 vol.3 ~言葉以外の「メタスキル」なるものを感じた日~ 】


それでは、どうぞ。


■1日目の研修を終えて、
カナダでの研修は大変温かい場でした。

カナダ、アメリカ、ナイジェリア、インド、
フランス、スペイン、などなど、皆色々な国が出身ですが、
さすがコーチングを学んでいるだけあります。

慈愛の目で見て、
上手く喋れずとも受けとめてくれて、
「傾聴のお手本」のような姿を見せてくれます。

まるで、あったかすぎて寒いトロントのホッカイロのよう。

とはいえ、実際は複数人で話し始めると、
(しかもネイティブの方の話だと)
話が早すぎてついていけません。

話をしている概要はわかりますが、
具体的なワークの指示などは、
やはり掴むことができません。


加えて、その中でも、
「コーチングの研修」なので、
ロールプレイングがあるのです。

コーチ役、クライアント役2人に分かれて、
3人一組で何度もロープレをやるのです。


■例えばお題として、
このようなお話がありました。

「ジョンとウェンディは、夫婦です。
 2人で、とある運送会社を運営しています。
 
 ただ、元々結婚生活がうまく言っていなかったと感じていたので、
 離婚をすることに決めました。

 しかし2人には問題がありました。
 
 1つは、ウェンディが会社で重要なポジションを担っており、
 彼女なしでは会社は立ちいかなくなると思われることです。

 2つ目は、2人には子供がいて、
 子供にどう伝えたら良いのかも悩んでいます。

 かつウェンディは、精神的に一人になることへの、
 強い不安を抱えています。」


みたいなシチュエーション。

■その中でコーチ役は、

ジョン役とウェンディ役に、
お互いがより良い未来と行動を、
システムコーチングのスキルを使ってできるよう導いていく、
というお題が与えられます。


日本語でも、難しいのに、
英語でこれをやるのか、、、(汗)

と狼狽しますが、仕方ありません。


■当然、クライアント役もコーチ役も、
貧困な英語の私が、上手くできることはないのですが、
実際、やってみると、興味深い事が起こりました。


やったことと言えば、
難しいケースにおいて、

「How do you feel?」
(どう感じますか?)とか

「What is important?」
(何が重要なのですか?)とか

「What is available from here?」、
(ここから何が可能になりますか?)とか

という、マニュアルで書かれたこと(+α)、
しきず、後は微笑みを携えてうなずくしかできませんでした。

が、、、結果、
クライアント役のカナダ人の女性、
まるでサンバを踊りだしそうな情熱的な雰囲気の人が、

「アメイジング!」
「ビューティフル!」
「ワオ、スーパーコーチング!」

と、大げさすぎるだろ!というくらい、
顔をくしゃくしゃにしながら、
言ってくれたのでした。


■そして、その理由を聞くと、

「穏やかで、情熱を持って、寄り添ってくれる姿勢が、
安心して話せた」

というのです。

実際、質問の後の回答は、
英語が流暢すぎて、残念ながら
すべて聞き取ることはできません。

もうひとりのクライアント(インド人の男性)の言葉も、
インドアクセントが強くて、
全く聞き取ることができませんでした。

でも、僅かな質問と姿勢だけでも、

「何かが起こる」

ことがわかったのでした。


■不思議なのが、
 
『役に立とうという情熱がある』
『穏やかそう。受け止めてくれそう』

というは、国を超えて同じように伝わるようです。

私も日本において、
褒めていただけることがあるときは、
やっぱり「穏やか」「情熱」みたいな話が上がってきます。

ということは、これらの

『言葉以外のスキル』 

は言葉や国を超えて、
確かに存在しているスキルなのだろう、

そのことが、実に大きな発見でした。



■システムコーチングの世界では


『メタ・スキル』


と呼ばれるものがあります。

”メタ”とは
「高次の~」「超~」と訳される
ギリシア語を由来とした言葉です。

すなわち、

・説明する
・傾聴する
・プレゼンする

が見えるスキルとすると、
それらを超えた、

『信頼する』
『好奇心をもつ』
『尊重する』
『思いやりをもつ』

という”あり方・スタンス”を
表す深いスキル、というのが

『メタ・スキル』

というものです。 


このメタスキルは、言葉を超えて、
場に影響し、相手に伝わってくといわれています。

このことを、改めて初日の僅かな時間でも
体感として感じることができたのでした。


■こうやって、慣れてきて、
2日目も3日目も、楽勝じゃね?
くらいに思っていましたが、

やはり2日目くらいから、
だんだんとボロが出始めました。

この話については、長くなりましたので
また明日、続けたいと思います。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。
本日も皆さまにとって素晴らしい1日となりますように。

=========================
<本日の名言>
一生懸命やって勝つことの次にいいことは
一生懸命やって負けること
ルーシー・モード・モンゴメリ
(カナダの小説家『赤毛のアン』/1874-1942)

=========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する