メールマガジン バックナンバー

『学校と社会』

今週の一冊『学校と社会』(後半)

2719号 2021年8月1日

(本日のお話 2032字/読了時間2分半)


■こんにちは。紀藤です。

週末で疲労が溜まっていたのか
合計15時間の睡眠の日曜日でした。
明日からまた頑張ろう!



さて、本日のお話です。

毎週日曜日は、お勧めの一冊をご紹介する
「今週の一冊」のコーナーです。

今週の一冊は、

========================

『学校と社会』(後半)

デューイ (著), 宮原 誠一 (翻訳)


========================

です。

※ちなみに「前半」はこちら↓↓
https://1lejend.com/b/detail/HSfoIRnMfw/3917690/




■先週もご紹介させていただきました
『学校と社会』。


現在、大学院にて
課題本として読んでいますが、
色々と考えさせられます。



内容について、
前回のおさらいも含めて簡単にご紹介です。


◯デューイ(1859~1952)とは?

・哲学の研究者。
 バーモント大学→シカゴ大学の教授になりました。
 
・アメリカの哲学
『プラグマティズム』に影響を与えた一人です

・プラグマティズムとは、
 ”役に立つことが重要”とする考えです
(めちゃざっくりですが…) 


◯『学校と社会』とは?

・シカゴ大学附属小学校にて、
 ”人間の精神が発達するための社会生活”を
 研究する教育を行う

・7年間の実験を行い、
 最初の3年の報告を記述したのが『学校と社会』である
 
 
というものでした。



■ちなみに、デューイが行った功績とは

20世紀アメリカにおける
「新教育運動」への影響です。


元々、当時のアメリカでは

・権威的
・教師中心
・教科書中心
・記憶中心

というものでしたが、
新しい教育の考えに変わっていきました。

20世紀初頭で
アメリカ全土で普及して、

・権威主義  →自由表現
・教師中心  →学習者中心
・教科書中心 →生活経験
・記憶中心  →問題解決重視


という思想を
小学校~高校まで影響を与えた、

と言われています。



■そうして、

デューイの功績として



1)経験学習 = 

主体と客体の相互作用で学ぶ
(自分と環境の両面から学ぶ)


2)問題解決学習 =

教師が予め用意した授業案に沿って学習するのではない。
与えられたテーマについて考え、仮説を立て学ぶ。
試行錯誤のプロセス中にこそ、重要な学習の要素がある。



という考えを広げました。

これは今で言う、


”「経験学習」+「問題解決学習」=
 『アクティブ・ラーニング』”


に繋がっている考え方です。


そんな意味で、デューイは

「現代の教育の考えにも
 大いなる影響を与えている」

とも言えるかもしれません。




■、、、ただし、

「じゃあ、デューイが
 全面的に素晴らしいのか?」
 
というと、必ずしも、
そうとも限らないのかもしれません。


私(紀藤)なぞは単純なので

「100年前からアクティブ・ラーニング!
 まじ、デューイすげー!!」
 
くらいに捉えておりましたが

大学院の仲間と話したり、
他にも調べてみると、
色々な意見があることを知りました。



■例えば、デューイの思想は、

”戦後日本の義務教育に
 多大な影響を与えた”

とされています。

敗戦後、GHQが入ってきて
米国教育使節団によりデューイの思想が
導入されたそうです。



確かに、日本の小学校も
デューイの思想にならって

美術室、図工室
家庭科室、図書館(実験と科学を統合させる場所)

などの「形」は
模倣されたと思われます。


しかし、デューイが語る


”学習者主体、暗記ではない
「経験学習」+「問題解決型学習」”


が今、実現されたと言うと
少なくとも私の小学校時代を思い出すと、
そうではありませんでした。

むしろ

権威的で、教師中心で、
教科書中心で、記憶中心だった、

とさえ感じます。


つまり、


「確かに思想には影響を与えたかもだけど、
 100年経っても実現できてないじゃん?」
 

というツッコミもあります。
 
 

■あるいは、

確かに教育としては

「学習者主体」+「問題解決」とは、
美しい考え方かもしれない。


しかし、

”戦後の高度経済成長において
 教科書的に規律重視の教育の方が
 使い勝手が良かったから浸透しなかった”
 
という
「時代の要望にあっていない教育だった」
という考え方もありますし、


他にも、

”古典教育を軽視したことによる、思考力の低下
 民族性の喪失もあったのでは”
 
という

「過去を軽視することにより
 日本人の文化に対する尊重や誇りを失った」
 
という意見も見られました。



■他にも、現場の先生の意見からは

「子ども中心って言ったって、
 じゃあ具体的に、どんな「問題」を投げかけるのか?」
 
「1クラス40人いる中で、
 それぞれの興味に応じて、どのような
 カリキュラムでそれを導くのか?」
 
「先生の質はどう担保するのか?」

という

”理想と現実の大いなる壁”

についてはまだまだ、
考えるべきこともあるのではなかろうか?

、、、というお話もありました。



■きっと、これらのことは

デューイが別の書籍でも
語っていることなのかもしれません。


しかし、このような
普段読まない本を読んで、考えてみると

例えば、学校教育などについても、

「これまで考えてこなかった
 新しい視点で世界を見ることができる」

と感じます。


自分も、こういう本を読んで
また自分の無知さを全面に感じますが、

その”知らなかった”という
無知さを含めて、

学びのプロセスを楽しみたいものだ…
と思わせられる一冊でした。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
==========================
<今週の一冊>

『学校と社会』(後半)

デューイ (著), 宮原 誠一 (翻訳)


==========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する