メールマガジン バックナンバー

1964号 2019年7月7日

今週の一冊『リーダーの鬼100則』

(本日のお話 3054字/読了時間3分半)

■こんにちは。紀藤です。

昨日土曜日は、午前中「礼法」のレッスン受講。
その後、ストレングス・ファインダー研修の、
研修サポートに入っておりました。

色々とプロジェクトが同時進行で、
学ぶことが多い今日この頃です。

今週も山場。
引き続き攻めて行きたいと思います。




さて、早速ですが本日のお話です。

毎週日曜日は、おすすめの一冊をご紹介する
「今週の一冊」のコーナー。

今週の一冊は、

===========================

『リーダーの鬼100則』
(著:早川勝)

https://www.amazon.co.jp/dp/4756920292/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_zJBiDbDHRW5V2
===========================

です。


■世の中には、

”「本音」と「建前」があるもの”

と、常々思っております。

そして、極端な意見というのは、
極端であるがゆえに、ツッコミどころも満載。

その反論を潰そうと、
色んなことに理解を示そうとしていると、

『綺麗だけども、当たり前なこと』

になってしまい、
心に引っかかる”トガリ”がなくなることもあるものです。


■おそらく、世の中の
”リーダーシップ”関連本も、
その類いの本は多いものです。

「傾聴」「寄り添い」「相手を認める」ような、
”優しさ型リーダーシップ”(というのかわかりませんが)は、
ある意味現在のトレンドと言えるでしょう。

そこに関心があり、着目され、
最大公約数を狙っていくと、どうしても
よく聞く、”普遍的(当たり前)な話”になる、

そして、まあ、否定の仕様がないがゆえ、

「尖りがない」
(=どこかで聞いたことがある話)

となっているのは、個人的に感じる感想ではあります。


■一方、ある特定の人物が語る、
「特定のメッセージ」というのは、

”経験談”

がゆえに、いくつもの最大公約数を経ていないがゆえ、
”生々しさ”があり、クセもあるけど味もある。


日本酒で言うならば、
磨きに磨いた”純米大吟醸”は、
誰の舌にも割と合う。

”生酒”は尖りがあるがゆえ、
好きな人にはガッツリはまるけど、
そうでないこともある。

万人に受けるカレーライスとハンバーグに比べ、
一部の人の愛を集めるパクチーもある。

そんな「普遍と経験の間」にこそ、
学びの深みがあるのではないかな、

そんなことを思っているのです。


■そして、今回ご紹介の、

『リーダーの鬼100則』

は、そのタイトル通り、
”生酒”系の尖った本です。


著者は、私の先輩かつ友人であり、
フルコミッションの生命保険にて、
「伝説のマネージャー」と言われた早川勝氏。


飲みの席でお話を聞いていても、


・多くの方を自分自身の手で育ててきた経験

・他者(メンバー・部下)に対する愛情

・妥協しない厳しさ(お茶目さ)


が同居する、とても素敵な方だと、
常々感じさせられています。

そんな早川氏が、実践の現場で感じ、
その経験をそのまま言葉にした「リーダーの心得」。

それが今回の『リーダーの鬼100則』にまとめられています。


■例えば、一般的には、

「部下の話によく耳を傾けよう」

と言います。

しかし、早川氏は敢えて、

「わがままなる暴君となれ」
(でも、「部下には最大限の愛情を持つビックダディ」となれ)

と語ります。

”王道”的に語らせたら、
問題になるようなコメントもあるかもしれません。

でも、その言葉が実体験として感じられたことがゆえ、
重みがあるようにも感じます。


■一般論でまとめて恐縮ですが、
結局のところ、


『自分にも厳しく、部下にも厳しい。
 でもその厳しさの裏には、最大級の部下への愛情と、
 部下以上に部下の人生を考えている』

小手先ではなく、”そんな大きな存在たれ”という
根源的なところを問うているように思います。


なんとなく、表面的に優しい。

でもいざというとき迫れない、
厳しくなれないリーダーよりも。

その厳しさも、伝えたことによる、
相手のツラさも悲しみもすべて理解した上で、
敢えて谷底に落とす覚悟と勇気を持つリーダーの方が、

実はずっとずっと厳しく、
そして優しいのではないか、、、

そんなことを思います。


■レイモンド・チャンドラー長編小説『プレイバック』に、


『強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない』


という名言がありますが
この社会というのは、なんだかんだで、
”生き抜く強さ”を求められように思います。


優しくする。守ってあげる。
それもとっても大事。

でも、時には厳しく迫り、
成果を求め、期待をかけ、
そして生き抜く強さを教えるリーダー、

それも同時に、とても大切だと思うのです。

、、、

そんなことを読みながら考えさせられました。


■非常に読みやすく、スッと入ってくる本です。

もし誰かを動かそうと思っているものの、
なかなか動かすことができない、
人の心を掴むことができない、

そんな方にはたくさんのヒントがあるかと思います。

よろしければ、ぜひ。

===========================
<今週の一冊>

『リーダーの鬼100則』(著:早川勝)

https://www.amazon.co.jp/dp/4756920292/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_zJBiDbDHRW5V2
===========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する