メールマガジン バックナンバー

1523号 2018年4月16日

ボクシング村田の世界戦を観て感じた、とにもかくにも「自分の武器」を磨くことが大切、という話

(本日のお話 2657文字/読了時間3分)

■こんにちは。紀藤です。

昨日は、ずっと見ようと思っていた映画、

『風と共に去りぬ』

を鑑賞。

233分という超大作で、
1939年に作られた作品ですが、
非常に面白かったです。

南北戦争時代の”南部”における、
とある育ちの良いお嬢様が、愛に戦争に翻弄される、
というストーリー。

私の南北戦争のイメージは、
正直ながら、

「奴隷制度を支持した南軍」VS「奴隷制度廃止を求めた北軍」

という構造以外知りませんでしたが、
実際は、そんな単純な話ではないのだろうな、

と「勝てば官軍」なる歴史の裏側を、
考えさせられた気がしました。

さすが、不朽の名作です。



また昼からは、
以前のテニス仲間とテニス。

そのまま夕方から横浜行き、
先日テレビでも放映された、

『ボクシング世界戦 村田諒太 vs ブランダムラ戦』

を観に行ってまいりました。

本当に素晴らしい試合で、
村田選手は別格なのだろうな、、、

とただただ、魅入ってしまいました。

今日は、そんな村田選手の試合を観て感じたこと、
考えさせられたことについて、
皆様にご共有させて頂きたいと思います。

タイトルは、

【ボクシング村田の世界戦を観て感じた、
とにもかくにも「自分の武器」を磨くことが大切、という話】。

それでは、どうぞ。

■4月15日(日)、横浜アリーナにて。

WBAミドル級王者の村田諒太選手が、
初防衛戦が行われました。

皆様も、テレビで観られたかもしれませんね。

ボクシングの世界戦は、
実際の会場にいくとわかるのですが、

”前座の試合”

というものがあります。

4回戦ボクサー(4Rまで)
6回戦ボクサー(6Rまで)
8回戦ボクサー(8Rまで)
10回戦ボクサー(10Rまで)

そして世界戦、、、

と、その”力量”に応じて、
戦う長さが違ってきます。

そして、若手から実力者へと、
だんだんと強い試合に変わっていき、

”メインイベント(今回でいう村田戦)”

に向けて、盛り上がっていくのです。

■私事ですが、私(紀藤)は大学時代、
ボクシング部に所属していました。

一応、試合にも出たことがありますので、
少しはボクシングがわかります。

殴られる痛さも、
3分という時間がいかに長いかも、
強い人と向き合ったときの異様なプレッシャーも、

何とも言葉に言い表せないのですが、
まだまだではありますが、わかるのです。

そして、この、
一連のボクシングを見た時に、

”村田選手は別格である”

ということは、ひと目見て、
ビリビリと伝わったのでした。

そしてその理由を考えた時に、
それがボクシングだけでなく、

「あらゆる事に通じる、大切なことだよなあ」

と、ひし思ったのでした。

■その「学び」をお伝えするにあたって、
ちょっとだけ、”ボクシング話”をさせてください。

まず、ボクシング。
基礎的な攻撃が

「ワンツー」

と言います。

これが、ものすごく大事なのです。
ちなみに「ワンツー」の意味は

・ワン = 左ジャブ

・ツー = 右ストレート

のこと。

この2つのパンチを、
いかに無駄な動きなく、
全身を連動させて、打ち込めるか。

ここに、

”ボクシングの基礎の礎”が詰まっている、

そう言われています。

ちなみに私も、ボクシング部時代、
最初の一年間は、ひたすら、ワンツー、ワンツー。

”他のトリッキーなパンチを覚えたい”
と思って、フックっぽいことをやったら、

「フックやアッパーなどは100年早い!」

と先輩に叱責されたことも覚えています。

実際、プロボクサーのライセンスをとるための
プロテストの審査基準も、

・フットワーク、
・基本的な攻撃(=ワンツー)
・ディフェンス

とされているのです。

だから、

「基礎こそが重要である」

というのは「ボクシング」という
スポーツなのだろう、といえるのでしょう。

■そして、「村田選手のすごさ」のお話。

村田選手のスゴいのが、

『基礎が洗練され、「最強の武器」になっている』

ところだと思うのです。

彼は、あるインタビューで、
このようなことを語っていました。

「一時期、自分は迷走していた。
ガードは固い、そつなくこなす。

でも、”強い武器”がない、と言われ、
中途半端なボクサーになっていました。

そこで、自分の武器である「右ストレート」を強化しよう、
それでひたすらそこを磨いてきたんです」

、、、と。

そこから、彼の「武器」である、
”右ストレート”を磨き続けたのでしょう。

そして、昨日の試合で、
それを見せてくれました。

決して派手ではないけれど、
綺麗なフォームの、ジャブ。

最短距離で飛んでいき、
まるで「拳銃のマグナム」が
相手に打ち込まれたかのようでした。

そしてそこから繋がる「右ストレート」。

相手のガードがひしゃげるほどで、
それが大変な破壊力である、

というのは観ていて伝わり、
ヒリヒリするほどでした。

相手のブランダムラ選手も、
そのプレッシャーで、手数は出していないのに、
打ち込むことができない、、、

そんな様子。

多分それは、村田選手が

決して派手ではないし、
基礎中の基礎であるパンチだけれども、
「右ストレート」を磨き続けたこと、

『自分の武器を磨き続けたこと』

による、一つの果実ではないだろうか、

そんな事を思わされたのです。

■村田選手は、オリンピックボクシングの、
金メダリストです。

だから、
基礎中の基礎の「右ストレート」は、
間違いなく、かなりのレベルになっていたことは、
疑いようがありません。

それでも、それが基礎中の基礎、
当たり前のことであろうが、

「それが自分の武器である」

ということを認識したから、
もっともっと磨こう、として、

ひたすら、その刃を研いできたのでしょう。

そして、結果を出したのではないか、

私は、そんなふうに感じました。



私達は、時として、

新しい事を覚えたくなったり、
他の人のトリッキーでアイデアに溢れた”技”に
憧れてしまうこと、あるように思います。

しかしながら、まず見つけるべきところは、

【自分の武器は何なのか】

ということです。

そして、そこに磨きをかけることなのです。

日常の仕事において、

・毎日やっている営業活動

・日常やっている課題分析

・丁寧にこなす確認業務

・戦略など企画を立てる

、、、

などなど皆様が”普段の活動”の中でも、
”「自分の武器」となるもの”が、
隠れているかもしれません。

とすると、
それを磨きに磨くこと。

そして、他の追随を許さないほどの、

「卓越したレベル」

にまで昇華させていくこと。

それが、自身の可能性を高め、
道を切り開くための、きっかけになるかもしれない。

そんなことを、

村田戦を観て、

否、村田の身震いする「右ストレート」を観て、
感じさせられた次第です。

【ボクシング村田の世界戦を観て感じた、
とにもかくにも「自分の武器」を磨くこと”が大切である】。

ということ、
忘れないようにしたいものだな、

と思った次第。

まず、自分の武器です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

=============================
【本日の名言】

千日の稽古を鍛とし。
万日の稽古を錬とす。

宮本武蔵

========================== ===

 

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する