メールマガジン バックナンバー

2296号 2020年6月4日

7つの習慣の元トップセールスが語る『7つの習慣』(4) 〜7つの習慣は3つに分けて読むべし〜(基礎原則編)

(本日のお話 2617字/読了時間4分)

■おはようございます。紀藤です。

昨日は、ダイヤモンド社主催の
「THE FUTURE」というワークショップに参加。

一橋ビジネススクール 国際経営戦略専攻準教授の藤川准教授から、

”「価値共創」という視点で世界経済のメガトレンドを眺めてみる”

というテーマで学びました。

「商品を売ったら終わり」から、
「売ってから共に価値を作りあげる」ことが、
これからの経済において競争優位になる、、、

という話でした。

気づいていないだけで、
世の中は劇的に変わっていますし、
それを事実ベースで聞くと、危機感を覚えます。

前のめりでいこう。



さて、本日のお話です。

『「7つの習慣の本トップセールスが語る7つの習慣」シリーズ。

「7つの習慣」のフランクリン・コヴィーの
元トップセールスとして(一応アピール)長年研修に触れ、考えて、
「7つの習慣」を活用してきました。

ファンの1人として個人的な見解も踏まえて、
「7つの習慣」を分かりやすく
皆さまにお届けさせていただければと思います。

さぁ、本日もはりきってまいりましょう。

本日のタイトルは

【7つの習慣の元トップセールスが語る『7つの習慣』(4) 〜7つの習慣は3つに分けて読むべし〜(基礎原則編)】

それでは、どうぞ。

■皆さま、突然ですが、

『ロード・オブ・ザ・リング』

観たことありますでしょうか?

好き、嫌いは置いておいて、
あのような「壮大なる冒険物語」は、
”三部作”になっているものです。

言うならば

第一部 旅立ち篇

第二部 自分の能力に目覚める編

第三部 仲間と世界を変える編

みたいなイメージかと。

■そして「7つの習慣」も実は

”「三部構成」になっている”

のです。

(へー知らなかった!
という声が聞こえてくる、、、ような気がします)

■これは私(紀藤)のイメージですが、
まず第一部 旅立ち編に当たるのは、今お伝えしている

「基礎原則編」

です。

著書で言えば1〜100ページのイメージかと。

インサイド・アウト、自分から変わる。
パラダイムを原則に合わせる。

まず、旅の準備、心構え編です。

■そしてその次は、いよいよ冒険のスタート。

”第二部 自分の能力に目覚める編”

7つの習慣で言えば、
「依存から自立」のステップです。

コヴィー博士曰く、
”人格には3つのレベルがある”といいます。

それが、

依存→自立→相互依存

の3つ。

■まず、「依存」とは、

”主語が「あなた」”の状態。

例えば

・今日、朝起きられなかったのは、
お母さん(あなた)が起こしてくれなかったからだ

・仕事がうまくいかなかったのは
上司(あなた)の指示がよくないからだ

みたいな。

「責任はアナタにある」
「私は悪くない。アナタが悪い」
「アナタが変わらないと私は変わらない」

という状態が「依存」といいます。

ぶっちゃけ言ってしまえば
いわゆる愚痴も、全部「依存」と言うことになります。

「ドラえもーん!」って
いつもいってるのび太くん、

のようなイメージかもです。

(、、、心当たりある方、大丈夫。
実は、ほとんどの人がここにいるそうです)

ここから、旅を始めていきましょう。

■そして、この依存状態から「自立」状態を目指します。

その依存→自立への旅路が、

”第二部  自分の能力を見つける編”です。



ちなみに「自立」の状態とは、

”主語が「わたし」”

の状態です。

例えば

・人生の全ての責任は私にある。
私が自分の選択と人生を決めるのだ。

・仕事でうまくいかなかったとしても
私が前もって上司にゴールを明確に確認しておけばよかった

と言うように。

■「あなた」から「私」になるだけで
だいぶ頼もしくなりました。

さて、ではこの状態に
どうしたら至ることができるのか?

この状態に至るまでに必要な装備が

『第一の習慣 主体的である』
(自分には選択の自由があると自覚し、自分ができることに集中する)

『第二の習慣 終わりを思い描くことから始める』
(「自分はどういう人生でありたいのか」というミッションステートメントを作る)

『第三の習慣 最優先事項を優先する』
(人生をコントロールするための時間管理の方法を知る)

という、最初の3つの習慣になります。

書籍では100ページ目から300ページ目までが
この部分にあたります。

この部分を身に付けると
”明確なる「自分の軸」“ができます。

「プライベート・ビクトリー(私的成功)」が得られます。

■ここまででも、結構すごいです。

しかし、旅はまだまだ続くのです。

「第三部 仲間と世界を変える編」

へと続きます。

我々が目指す最高の状態。

それは「相互依存」の状態である、

とコヴィー博士はいいます。

「相互依存」とは、インターデペンデント、
すなわち自立した者同士が、
深いレベルで相互協力をし合う状態です。

”主語は「私たち」”です。



それはまるでラグビー日本代表のよう。

磨き上げた一人ひとり。

それらが、お互いの強みを補い合って
絶対倒せないであろうと言われた相手を打ち倒す。

そんな状態。

1+1>2。

1+1が、3にも10にも100にもなっていく、

そんな世界です。

■では、そこに至るために
何が必要なのか。

それが、

『第4の習慣 win winを考える』
(自分のwinも、相手の winも、
どちらも得られるようなマインドを持つ)

『第五の習慣まず理解に徹し、そして理解される』
(共感による傾聴で、相手を心から理解する行動をする)

『第6の習慣 シナジーを創り出す』
(1+1が3.10.100.になる結果を生み出す)

へと続くのです。

世界を変える編、なんていうと、
大きい話のように聞こえるかもしれません。

でも、これらのステップができれば、

皆さまの人生でも、
自分だけでなく周りの人々に
まちがいなく光を照らしていくことができるはず。

これが、だいたい、
300ページから500ページの間に
書かれています。

■そして最後は

『第7の習慣 刃を研ぐ(はをとぐ)』

です。

自分(=刃)を磨き続け、
第1から第6の習慣まで
繰り返し続けます。

そう、旅に終わりはないのです。

■そして、このような人格レベルにおいて
依存から自立、自立から相互依存にいたる全体の流れを

【成長の連続体】

と呼びます。

これが「7つの習慣」の全体のロードマップです。

■このような全体像を持った上で
「7つの習慣」を読んでみると、
600ページありますが、
実はわかりやすい構造になっています。

この

「”人格“の成長ステップを体系立てて整理した」

ところが、7つの習慣の偉大なる功績なのですね。

ということで、
明日はいよいよ「第一の習慣」に進みたいと思います。

基礎原則だけで、
4号も使ってしまった。。。

明日からは加速します。

本日はここまで!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<今日のまとめ>

・人格には3つのレベルがある。
「依存、自立、相互依存」の3つである。
・7つの習慣は三部構成になっている。
1,基礎原則編、 2,依存→自立編、 3、自立→相互依存編

・このステップに分けて本書を読むことで、
格段に読みやすくなる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※本日の話は、著者(紀藤)個人の見解も一部含めて入れて説明したものです。

===========================
<本日の名言>

「与えられた環境でどう振る舞うか」でしか
人間は前に進むことはできない。

スティーブン・R・コヴィー

===========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する