メールマガジン バックナンバー

2392号 2020年9月7日

誰かのせいにしたくなったときの魔法の言葉、「これは、自分の物語である」。

(本日のお話  1954字/読了時間4分)


■こんにちは。紀藤です。

昨日日曜日は、1件の打ち合わせ。
ならびに、読書や研修の企画など。

オンラインホワイトボード「MIRO」を
使い始めて、1ヶ月ほど立ちますが、
大分操作に慣れてきました。

すると、

かなり温度感がある対話や、
アイデアを拡げることができて、
リモートワークにグッと幅が出来たと感じます。

明日もMIROのワークショップを行いますが、
ご参加いただける方、明日は「MIRO」を使って
ぜひ楽しく遊んでみましょう!





さて、本日のお話です。

仕事が忙しくなったり、
自分が思うように進まない、
そしてモヤモヤする、

そして誰も悪くないのに、
無性に誰かのせいにしたくなる

、、、

こういう気持ち、
覚えたことがある人も
いらっしゃるのではないかと思います。


最近、私も色々入っており、
何だかせかせかとして、
心休まらない日々が続いております。

(これはこれで、大変ありがたく、
 かつ充実しているのですが)


そして睡眠不足が続いたりして、
自分ばかりが頑張っているように感じると、

モヤモヤっとした負の感情を
感じることがあるのです。


そんな、

「誰かのせいにしたくなったとき、
 自分を納得させる魔法の言葉」

があります。


この話を、友人にしたところ
「その言葉、いいね!」と
太鼓判を押してもらった(?)ので、

今日はそのお話を、
皆様にご共有させていただければと思います。



タイトルは、



【誰かのせいにしたくなったときの魔法の言葉、「これは、自分の物語である」】



それでは、どうぞ。



■数年前に縁あって参加した、
体育会系の自己啓発セミナーがありました。


「自分の思い込みを捨てよ」

という話を、ひたすら考えさせる、
3日間のセミナー。

なんともパワフルな内容で、
参加後はしばらく、講師の方の声が
頭から離れなくなるほどでした。

(なんていうと怪しく聞こえますが、
 非常に面白いものでした)



■その中で聞いて、
今でも胸に残っている言葉が、


「人生は(自分が作った)ストーリーである」


というお話でした。



なんぞや?

更に怪しいぞ、、、

と思われたかも知れません。


ただここで言う「ストーリー」とは、


・自分はこういう人間だ

・自分はこういう性格だから仕方ないのだ

・こういう生まれだったから今この状況なのだ


、、、という、

人生のあらゆる認識は「事実」ではなく、
自分の「解釈」のもと、
作り上げた「ストーリー」である、

というお話です。



『7つの習慣』のコヴィー博士風に言えば、


”私達は物事をあるがままに見ているのではない。
 
 私達のあるがままに物事を見ているのだ”
 (スティーブン・R・コヴィー)


という格言の通り。




■この「ストーリー」という言葉、
実に深いです。


確かに上述の話も、
言われてみればその通り。


あらゆることは頭の中で解釈した
「ストーリー」というのも、
深く考えれば納得できるし、
実際、そうなのです。



また、別の側面から見れば、

「自分の人生」というのは、
どんなことが起ころうが、



【結局は「自分の物語」でしかない】



これも、やはり事実だと思うのです。




■ゆえに、


・人が思うように動いてくれない、
 なんでそうなんだ

・なぜ自分はこんなに忙しいのだ

・自分はどうしてこの不遇の状況なのだ


と思っても、その原因を
誰に求めようとしても、

結局は、

「自分の物語」

でしかなく、
誰も肩代わりしてくれない。



■そういう文脈で考えてみると、

何か上手く行かないとき、
モヤモヤとするとき、
人が動いてくれないと嘆きたくなるときに


『とはいえ結局、「自分の物語」なのだ』


と、自分に言い聞かせることで、


「もうええわ、
 自分の物語で、自分の人生だから
 自分の好きなようにやらせてもらう」


と、いい意味で開き直りができる、

自分を納得させることが
出来るような気が、私はするのです。




■「自分の物語だ」。

これは、究極に”自責”の言葉です。


でも、つい誰かや何かなど、
環境に原因を求めてしまいそうなとき、
他責にしてしまいそうなとき、



「いや、でもこれは”自分の物語”なのだ」



と唱えることで、
誰も攻めなくて済むし、

そっちのほうが、
誰かのせいにするより、
精神的に楽だと思います。



そして、

「誰がやらなくとも、自分がやる!
 俺の物語なのだから!」

と自らを奮い立たせ、


ええい、知るか!と
言いたければ勝手に言え、

と、

自分が動く、自分がやる、
自分が踏み出す、

ことをすると、
その姿勢が周りの人を動かし、
不思議と周りが助けてくれる、

そんなことに繋がることも
あるのだろう、

とも思うのです。




■「言葉」とは、

自分の大切なことを思い出させてくれたり、
自分の感情に落とし所をつける「タグ」

のようなものです。


ゆえに、


【誰かのせいにしたくなったときの魔法の言葉、「これは、自分の物語である」】


これが使えそうであれば、
ぜひ、唱えてみてください。

ちょっと気合が入ります。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

===============================
<本日の名言>

日の光を借りて照る大いなる月たらんよりは、
自ら光を放つ小さな灯火たれ。

森鴎外(小説家・軍医/1862-1922)

===============================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する