メールマガジン バックナンバー

2649号 2021年5月23日

今週の一冊『ダイアローグ 対話する組織』

(本日のお話 2515字/読了時間3分)


こんにちは。紀藤です。

昨日土曜日は大学院の授業。

並びに夜からは、大学院の仲間と
読書勉強会の実施でした。



さて、本日のお話です。

毎週日曜日は、お勧めの一冊をご紹介する
「今週の一冊」のコーナーです。

今週の一冊は

==========================

『ダイアローグ 対話する組織』
中原 淳(著)、長岡 健 (著)



==========================

です。



■皆様は普段、
職場で(あるいは家庭でも)

「対話」

されていらっしゃいますでしょうか?


なんとなくのおしゃべり、
「雑談」とも違う。

あるいは真剣な意思決定のための
「議論」とも違う。

また、一方的に物事を伝える
「伝達」とも違う。


真剣だけど、自由な雰囲気で語る
「対話」の場。


言葉やコミュニケーションを通じて

”新しい何かを作り上げていくプロセスこそが
「対話」(=ダイアローグ)である”

今回ご紹介する一冊の
中核のメッセージがこれです。



■なんとなく多くの方が感じている、

しかし明確にその大切さを
「なぜか」を説明できないのが、

”コミュニケーションの価値”

ではないかと思います。


コミュニケーションには

対話・会話・議論、
ただ一緒にいること…

様々な意味が含まれていますが、

その中でも

そのチームあれ、
夫婦関係であれ、友人関係であれ

意図を持って、
その場の空気や雰囲気を形作るものが
「対話」ではないかと。



■しかしながら、一方

そんな対話の大切さは
何となくわかっていても、

「なぜ重要なのか」説明する事が難しく、
つい後回しになってしまうがゆえ、

つい軽んじられて、結論を急ぐような
”議論”になってしまう。



例えば、

「今日の会議のお題は、◯◯。
 そのゴールに向かって話し合えばいい」とか、

「そもそも問題を整理すると、AとBとC。
 論理的に考えて、君がAをすべきだ」

と、収束に向けた意思決定、

あるいは合理的な解決だけに
向かっていく、みたいに。



■合理的に考えたら、
確かにそうなのかもしれない。

、、、しかし
何だか釈然としない。


明確に反論できないんだけれども、

なんだかモヤモヤする、
納得できない気がする、、、

こんな曖昧な状況と言うのは
現実の社会ではたくさん起こります。



■そして、そんな組織における

あるあるモヤモヤ問題を
解決するための一つの方策が

「対話をすること」

にではないか、、、

そのことをこの著書では
考えさせてくれます。



■この本の魅力は、
「対話」がもたらす効果について、

・理論的背景
・哲学的背景
・対話がもたらす効果効能

を明確に言葉にし、
整理をしてくれているところです。


やはり、大学の先生が書かれた本
「なんとなく」の主観で抱えてはいないと
言う事が特徴かと思います



■著者の主な構成は、以下の3つです。


まず1つ目、


”伝わらないのは「導管メタファー」のコミュニケーションが
 人々の当たり前になっているから”。
 
 
「導管」と言うのは、その字のごとく

自分の頭と相手の頭に”管”を接続して、
その管を通じて相手に情報を流し込めば届く、

つまり、

「自分の頭の中にある思いを言葉にして
 正しく伝えさえすれば」
  ↓
「相手にも正しく理解される」

という思い込みがある、

なる、コミュニケーションの問題点です。


上司が部下に

「俺はきちんと伝えたよな?
 なんでやってないんだ」

みたいに言うシーンがあります。

伝えた=伝わる=行動する

という単純な図式で
人は動かないのは考えてみれば当然ですが、

現実の会社では「伝えれば伝わる」という
解釈をしていること、結構あるようです。



しかし、

「こういったつもり」
「いや、自分はこう解釈した」

こんな自分の価値観や思い込み、
すれ違いを解消し、相互理解を深めていくためには

この「導管型コミュニケーション」から脱却が必要、

と著者は述べます。



■そして著書のポイントの2つ目。


「対話が必要な哲学的背景を理解する」


ことです。


対話の重要性は

「社会構成主義」

という哲学的背景を
理解することが近道になります。


ちなみに、”社会構成主義”とは

「物事の意味とは客観的事実ではなく、
 社会的な構成物(人々のコミュニケーションによって作られるもの)である」

という意味で、
ここでは捉えられています。



例えば、「会社の戦略を決める」という場面が
研修であったとします。


そして同じような状況を
A~D 4グループ、それぞれが話し合って決めるという設定。

オープンになっている情報が、
市場・資源・顧客・競合などなど、、、
全部同じだったとしても、

グループディスカッションして
そして決まった戦略は、
当然グループごとに違います。


なぜ違うかと言うと、

”なされた対話が違うから”

に他ありません。


同じ情報があっても、あるいは

人がその場の空気や、全体の合意や
意見の強い誰かの声や、様々なものを感じ取って
人は合意形成・意思決定をしていきます。


始まりの情報と
結論の意思決定の間にあるものは
間違いなく

「対話」

であり、

「人々は対話を通じて現実を作っていく」
(=社会構成主義)

と言えるわけです。


ゆえに、

対話の質=結果の質に影響する、

と言えるのでしょう。



■そして3つ目。


「組織における対話の意義/効果的なやり方」


についてです。


1つ目、2つ目の点を踏まえて

・協調的な問題解決、問題設定、
・知識の共有
・組織の変革

を対話を通じて

どのような考え方、
どんなプロセスで行っていくのかを
伝えています。


例えば、


・問題解決モードではなく
 「問題発見をしていく」というスタンスの対話の大切さ

・組織の中である暗黙知・実践知を共有するための
 経験やエピソードを語り合うことの重要性

・多様な視点をお互い受け入れるための
 自由な空気を作るための対話、

等、企業の事例を伝えつつ、
対話の重要性を伝えています。



■書籍のボリュームとしては
200ページ強の短い本ですが、


「なぜ対話が必要なのか?」


をシンプルかつ、説得力を持って
整理してくれる1冊でございます。


もちろん対話が
すべての万能薬とは思いません。

しかし、改めて

仕事と対話は切っても切り離せない。

むしろ対話こそ、
成果の質を決めるのだろう…

そんなことを考えるきっかけになる
一冊かと思います。


コミュニケーションの大切さを
語り合ってみたいチームは

ぜひこの書籍を題材に
色々と語ってみるのも面白いかなと思います。


よろしければ是非。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

==========================
<今週の一冊>

『ダイアローグ 対話する組織』
中原 淳(著)、長岡 健 (著)



==========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する