メールマガジン バックナンバー

1681号 2018年9月24日

今週の一冊『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』

(本日のお話 2238字/読了時間2分)


■こんにちは。紀藤です。

昨日土曜日は
「大学生向けストレングスファインダー・ワークショップ」の実施でした。

三連休の初日から、わざわざ時間を作って来るような、
本当に優秀な、可能性あふれる大学生の皆様が集まっていただき、
「自分の強み」について掘り下げた、非常に有意義で楽しい時間でした。

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!
皆様のこれからの活躍を心より応援しております。

また落ち着いたら、この企画は再度やりたいな、と思います。


また三連休の後半、本日・明日にかけては
「二日間で絵が描けるようになる」という、

『アートアンドロジック』
http://artandlogicseminar.com/

なるワークショップに参加しています。

自分で言うのもなんですが、
初日から、尋常じゃなく絵が上手くなっております(驚)

この話はまた明日、改めて。



さて本日の話です。

毎週日曜日はおすすめの一冊をご紹介する、
「今週の一冊」のコーナーです。

今週の一冊は、

============================

『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』
(著:佐藤 昌弘)
 


============================

です。


■この本の著者には申し訳ないのですが
そもそものタイトルが、

「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」

なんて煽るように書かれていることは、
正直、私はあんまり好きではありませんでした。


かつ、この本の帯に

「この本だけはライバルに読ませたくなかった!」

などと書かれており、
よく巷のビジネス書であふれる、

”タイトルはスゴいけど、実際中身がない本”

の一種ではなかろうか、、、

私が、初めてこの本を取った10年ほど前、
そんなこと思った記憶があります。


■この本が出版されたのは、2003年。

私が10年以上前に読んだ本です。

ですが、結論からお伝えすると、
この本、もし営業に困っている人がいるとしたら、
本当に、心よりお勧めしたい一冊です。




私自身、自分のキャリアは「営業」で歩んできました。

十数年やっており、正直、かなり色々な種類の営業本を読んできましたし、
実際に、それ通り試したりもしました。

しかし、その中でも、この本は、
特に秀逸な一冊であった、

振り返って、そう感じています。


そう思う理由は、


1,誰もが、性格など関係なく使える「汎用的な内容」であること。

2,「理論と具体例」のバランスがよい。
  本を読んで真似するだけで効果を体感できること。


なのです。

だから、あらゆる人に(特にまだ新人・中堅の皆様には)
ぜひ読んでいただきたい、と思うのです。



■少し話がズレますが、起業して5ヶ月。

色々なことを感じますが、結局大切なのは

「営業」

であると感じています


起業するにあたって、色々な”起業系の本”を読みましたが、
結局、社長がやるべき一番大切なこと、言ったら、

・いかに売上を作るか、
・いかに商品を買ってもらうか
・いかにビジョンに賛同してもらうか

これに尽きるとあなたの本に書かれていました。

つまり形は違えど、大事なのは

「営業」

である、ということ。


かつ、最近友人・先輩と話をして、感じること。

それが、私から見て本当に尊敬しかない、
誰もが認めるような経歴、能力、スキルを持っている超絶優秀な方なのに、

「営業をしたことがないから、
 スキルを持て余している」

という方が、結構いる、という事実でした。

ここでも鍵になる言葉は結局、

「営業」

なのです。


■では、どうすれば「営業」が上手くいくのか。

この本のタイトルのように、「最強セールス」になるのか?

、、、


この本に書かれている内容を引用すると、
それは、本当にシンプルな、”たった3つのステップ”である、というのです。

詳しくは著書を参照いただきたいと思いますが、
簡単にご紹介しますと、以下のような話です。


~~~~~~~~~~~~~

その1。お客さんの要望確認。

『本日◯◯について、お時間をいただきましたが、◯◯について、
 何かお困りのことでもあるのでしょうか?』と、このフレームに当てはめて聞くこと。

多くのお客様は、教えてくれます。


その2。お客さんが答えてくれた内容について、

『「例えば?」「具体的には?」「もう少し詳しく教えてください」と、掘り下げること』

お客様のお困りごとを更にクリアにします。


その3。お客さんがお話ししたことについて、

『「本当にこれでよろしいですか?」と確認すること。』

~~~~~~~~~~~~~~

、、、以上です。

「え、そんなこと?」と思われるかもしれませんが、そんなことです。

でも、実際、私もものすごくこのやり方を多様しています。



しかし、これが意外とできていない営業マンが多い。

そして、たとえ知っていたとしてもこれらを
「エレガントにできる」「自然と身体知として体得している」という人は、
意外と少なかったりするのです。

でも、本当に効果的で、
お客様の悩みの本質に近づけるのです。


■すでに営業をやっている人にとっては当たり前のことでしょう。

しかし、だからこそ本質的な内容です。

”OS”のような内容だからこそ、
上手に出来るようになる必要がある、

私はそう思います。


もちろん、これがあれば全てOKではなく

・商品についての知識を学ぶ、
・お客様のことをもっと知る、
・自分を磨き続ける、

ことは前提。

ですが、だ営業始めて数年とか、
やったことがない、とか、
自分のスタイルが見つかっていないという方には珠玉の内容である、
とお伝えできる本でございます。

その他にも、使える小ネタがたくさん紹介されており、
エントリーモデルですが、使える一冊です。

============================
<今週の一冊>

『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』
(著:佐藤 昌弘)
 


============================

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する