メールマガジン バックナンバー

2710号 2021年7月23日

チームの力を考える(4) ~「ダニエルキムの成功循環モデル」/関係の質が大事~

(本日のお話 2352字/読了時間3分)


■こんにちは。紀藤です。

さて、先日よりお届けしてまいります、
「チームの力を考える」コーナー。
今日も続けてまいります。



本日は、

”チームの成果を高めるための、
 「関係性」の大切さ”
 
について、とある理論を
ご紹介させていただければと思います。

それでは早速まいりましょう。

タイトルは、


【チームの力を考える(4)~ダニエルキムの成功循環モデル/関係の質が大事~】


それでは、どうぞ。



■皆さまのチームの
”関係性”は良好ですか?

それとも、ちょっと
ギスギスしていますか?


、、、そしてもし、

”「関係性の質」が、
 「結果の質」に影響を与える”。
 
と聞いたとしたら
いかがでしょうか?


「そうだよね」という方もいれば
「そんなの関係ない」という方も

きっといらっしゃるでしょう。



■さて、あらゆる組織は

「求める結果」があるわけですが
この結果を長期・継続的に出し続ける上で

「見落としがちなものがある」ことを伝えた
あるモデルがあります。



それが、マサチューセッツ工科大学元教授の
ダニエルキム博士が提唱した


『組織の成功循環モデル』


というものです。


これはシンプルに言うと、

”組織として結果を出したければ、
 まず「関係性の質」を高めること”

という内容が核になっています。



■「組織の成功循環モデル」とは
こんなシンプルなモデルで表されます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【組織の成功循環モデル】

1)関係の質
 ↓
2)思考の質
 ↓
3)行動の質
 ↓
4)結果の質
 ↓
※また1)に戻る
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


すなわち、

よい「関係性」があることで、

自由な「思考」も生まれて、

前向きな「行動」も生まれて、

よって、良い「結果」も生まれる。


とする、実にシンプルなモデル。




■具体的に、考えてみましょう。

例えば、

”チームの「関係の質が悪い」”

とします。

そうすると、どんな循環が
起きるのでしょうか?



<「関係性の質が悪い」と・・・>

1)関係の質:><
 チームの人間関係が悪い。
 否定、批判、指示命令が起こっている。
 ↓
2)思考の質:><
 失敗を恐れ、指示待ちになる。
 思考が萎縮して、自由な意見が言えない。
 視野が狭くなる。良いアイデアが生まれない。
 ↓
3)行動の質:><
 意見を言わなくなる。
 挑戦もしなくなる。新しい行動もしない。
 ↓
4)結果の質:><
 結果がでない、目標未達。
 ↓

※1)関係の質:
 結果がでないので、
 更に関係性に良い影響がでない。
 

、、、という『バッドサイクル』が生まれる。

もし仮に短期的に良かったとしても、
長期的には「結果の質」に悪影響を及ぼします。



■一方、

”チームの「関係性の質が良い」”

としたらどうなるか。


<「関係性の質が良い」と・・・>

1)関係の質:^^
 チームの関係性が良好である。
 尊重、信頼、心理的安全性がある。
 ↓
2)思考の質:^^
 思考が前向きになり、主体的に考える。
 創造性が発揮されやすくなる。
 ↓
3)行動の質:^^
 創意工夫をし、積極的な提案をする。
 挑戦をする。新しい行動をする
 ↓
4)結果の質:^^
 結果がでる。目標達成
 ↓

※1)関係の質:
 結果が出て、更に良いサイクルになる。 


となるわけです。



■確かに、これ、自分の身に当てはめて
想像してみると、わかる気がしませんでしょうか?


例えば、職場においても、

「関係性が悪い」
「ギスギスしている」
「物が言えない雰囲気」

のときに、

良い思考、そして新しい行動や挑戦が
生まれるかというと、
なかなか難しそうですよね…


以前、何かの記事で

「働く上では
 半径5mの人間関係が重要」

なんて読んで、など何かの本で読んで、
非常に納得をしましたが、

それくらい

”関係性”とは我々に影響を与える
大きな要因である、

と言えるのではないでしょうか。



■、、、と考えると、

「結果を出すチームを作る」

ためには、


『チームの「関係性の質」を高める行動』

  
は時間をとって行う価値のある
重要なことである、と言えるでしょう。


たとえば、

・お互いの価値観を理解する
・お互いのモチベーションの源を知る
・お互いの強みを認め合う

などのチームビルディングを
時間をとって行ったりして、

違いを尊重し合うことができれば、
「関係性の質」も高まるでしょう。

それは巡り巡って
「結果の質」にも良い影響を与えてくれる

と、期待できそうです。



■私ごとになりますが、

この春から3ヶ月に亘って行った
大学院のプロジェクトがありました。

そこで、チームメンバーで
これまでの振り返りをしたのですが

メンバーの一人がこんなことを
語っていたのが、印象的でした。


「最初にものすごい時間をとって 
 自己紹介とか、お互いの気持ちや、
 やりたいこと語り合った。
 
 その時は正直、
 
 ”こんなに時間をかけていいのかな”
  (意味があるのだろうか)
  
 とも思っていた」

 
「でも、振り返ってみると、
 
 お互いのことを知り合う
 ”関係の質”を大事にしたから、
 
 途中のチームの”嵐”の状況も
 乗り切ることができたし、

 最終的にプロジェクトも納得できる
 ”結果の質”につながったと思う」
 

、、、というような発言でした。

そしてこのことは私も振り返り、
「本当にその通りだな」と納得しました。


やはり「関係性の質」は
大事だったよな

、、、と。



■もちろん、

”「関係性の質」だけ”

整えればうまくいくかと言えば、
そんな単純なものではありません。

他にもたくさんの要因が
「結果」に影響しています。



加えて「組織の成功循環モデル」も
ダニエルキム博士が提唱しているものであり
実証研究として証明されているわけではない、

ことも認識をしておくことも
大切かと思います。

(あまり盲目的にならないためにも)



しかし、皆が

「関係性の大切さ」を認識するための
一つの参照枠として共通認識を持つことは
役に立つのであろう、

と思います。


、、、と色々書いてしまいましたが、

なんだかんだで「関係の質」は
あるに越したことはない!

ということでお話を締めたいと思います。



==========================
<本日の名言>

自己に閉じ込められ、自己にこだわっている間は、
世界を真に見ることができない。
自己が自由に、自在に動く時、世界もいきいきと生動する。

道元(鎌倉時代の禅僧/1200-1253)

==========================

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する