メールマガジン バックナンバー

2729号 2021年8月11日

「リーダーシップを開発する」ための6つの実践方法(その3)~ネットワーキング~

(本日のお話 2453字/読了時間3分)


■こんにちは。紀藤です。

昨日は3件のアポイント。
また大学院の仲間との打ち合わせ。
また8キロのランニングでした。



さて、本日のお話です。

引き続き、


『LEADERSHIP DEVELOPMENT:A REVIEW IN CONTEXT』
(リーダーシップ開発:文脈の中での見直し)
デイビッド・V・デイ


の論文から、学びと気づきを
ご共有させていただければと思います。

それでは早速まいりましょう!


タイトルは、



【「リーダーシップを開発する」ための6つの実践方法(その3)】



それでは、どうぞ。



■「リーダーシップを開発する
 一般的な、でも有望な実践方法があるよ」


と、ペンシルバニア大学の
デイビッド・V・デイは、
以下の6つを述べていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【リーダーシップを開発する有望な実践方法】

1)360度フィードバック

2)コーチング

3)メンタリング

4)ネットワーキング

5)仕事の割り当て(ジョブアサイメント)

6)アクション・ラーニング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、昨日まで

1)~3)をご紹介してまいりました。

※過去バックナンバーはこちら↓↓
https://1lejend.com/b/detail/HSfoIRnMfw/3931815/



、、、ということで、
今日は続きまして、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4)ネットワーキング
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

のお話をご紹介できればと思います。



■「ネットワーキング」。

いわゆる、

”人とのつながりを創る”

ことですね。


この実践方法の特徴は、


・概要:違った領域の他者と繋がること
・効果:より良い問題解決ができる、誰の助けを借りられるかを学ぶ
・強み:組織を構築できる


とまとめられています。



■たしかに、想像してみると、

「部門や会社を越えて、
 様々な人と繋がっている人」
 


”自分の視点だけが正解ではないことを
 感じさせられる機会に多く触れている”
 
とも言えます。

特定の業界・組織・同じ人とばかり
話をしていると、

営業なら営業的思考
開発なら開発的思考
人事なら人事的思考

によってしまうもの。


しかし、”つながり”により

「様々なものの見方や知識」を
 獲得する機会を手に入れている”
  
とも言えるのでしょう。


『「何を」「どのように知っているか」を
 視点と知識の幅を拡大できる』
 

上で、ネットワーキングは有効と 
言えるでしょう。



■同時に「ネットワーキング」は

リーダーシップにも
影響をもたらします。


1人ですべて
自己完結できるリーダーは、
果たして「リーダー」と呼べるのか?

というと、疑問が残ります。


「1人ではできないことを、
 誰かの力を借りて行うこと」
 
がリーダーという表現もあるように、
誰かの力を使えてこそのリーダーです。



■そんなときに

”つながりが身近な一部だけ。
 直下のメンバーだけというリーダー”

と、

”部門や、ときに会社すら越えて、
 様々な解決策を持っているリーダー”
 
では、選択肢が変わってくるはず。



リーダーがチームにとって
より良い問題解決をし、成果を生み出すために
「ネットワーキング」は重要な要素なのです、

繰り返しますが、


『問題解決のために「誰を知っているか」』


は、とっても大事です。



■加えて、ある研究によると、

「ネットワーク(つながり)」

に関して、興味深いお話が
紹介されています。


以下、論文より引用。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般的に「メンタリングの関係」が
”3年から6年”であるのに対し、そして
(Kram, 1985)、

一般的に「コーチングの関係」が
”6ヶ月程度”であるのに対し
(Levinson, 1996)、

「仲間の関係」は、
”20年または30年のキャリア全体”に及ぶことがある
(Kram & Isabella, 1985)

という研究結果がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とのこと。



■これは「つながりの持続性」について
言及しています。

すなわち、

”「横のつながり(同僚や仲間)」は
 長続きする”

というお話。

公式のメンター、コーチのつながりでなく
非公式の横のつながりは長持ちするのです。


そして、そのつながりは、
何かあった際に「これ、どう思う?」
「何かいい情報ない?」という

”有益な情報へのアクセス”

を可能にする資産になります。


ゆえに、


『問題解決のために「誰を知っているか」』


は、価値を創造するための
重要な資源なのです。



■また他にも、

「ネットワーキングから得られる
 個人のメリット」

として、こんな話もあります。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
”組織の公式な構造を超えられるような種類の
 ネットワークを構築したマネジャーは、
 
 特に他のネットワークの人々と
 重複しない結びつきを形成したときに、
 
 情報や企業家精神の機会という点で
 最も恩恵を受ける可能性が高い (Burt, 1992)”
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

とのこと。

つまり、組織において、

「部門以外の人とつながって、
 しかもそれが独特なつながりを持つマネジャーは
 
 情報を得たり、
 精神的成長などのメリットがある」


と言いことでしょう。



■”ソーシャル・キャピタル”(社会関係資本)

という言葉があり、

まさに

「誰を知っているか」
「力になってくれる人がどれほどいるか」は

有形・無形の資本になるという話ですが、

ネットワーキングは、
ソーシャル・キャピタルをを作るための、
主要な手段といわれています。


そういった意味で、

これらのネットワーキングを
意図的に創ることは重要、

と言えるでしょう。


例えば、組織内でも、


1)インフォーマルな「横のつながり」を意図して創る

2)マネジャーが部門を越えた関係を意図して築く


ことは、組織の問題解決にも、
個人の成長にもプラスになります。



■また個人でも同じです。

例えば、私はこれまで
中小企業でずっと働いていて、

”部門を超えたつながり”というほど
広く繋がる機会はありませんでしたが、

それでも、

「ネットワークの力」

はまざまざと感じます。


一緒に働いた人はもとより、

コーチングスクールの仲間でも
そして今は大学院でも、
濃密な時間を過ごした人は、

何かの縁が生まれます。


そのつながりにより、
情報や、そして精神的刺激を、
たくさんもらっています。



ネットワーキング。
意識して、つながりを作ること。

大切にしていきたいものですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


==========================
<本日の名言>

人は、その視野の範囲でしか成長できない。

ジョン・パウエル(イギリス出身の作曲家/1963-)

==========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する