メールマガジン バックナンバー

3192号 2022年11月17日

「私には経験がない」を乗り越える

(本日のお話 1775字/読了時間2分)


■おはようございます。紀藤です。

昨日は午前と午後、
2社へのマネジャー向け研修の実施でした。

今週は研修実施が集中している週で
こういった機会をいただけること、
実にありがたい限りだな、と思います。



さて、本日のお話です。

研修を行っていて
しばしばふとよぎる不安があります。

「自分には経験がないが
 お伝えする資格があるだろうか」
 
というふとした思いです。


そして、同じように
ある企業のマネジャーの方から

「メンバーの方が
 専門知識もあって、
 自分がキャリアの相談に乗れるか不安」
 
という相談を聞いたことがあります。


今日はこの

”自分の経験がないことによる不安”

をどのように取り扱うのかについて、

ある先輩経営者から
示唆に富むお話を聞きましたので

今日はそのお話を
お伝えさせていただければと思います。

それではまいりましょう!

タイトルは



【「私には経験がない」を乗り越える】



それでは、どうぞ。



■「自分が経験したこと」には、

持論が生まれ、自信も生まれます。


それが正しいか
正しくないかはわからないにせよ

葛藤し、辛酸をなめて
何かしら自分なりの答えを見出した過程自体が、
言葉に力を宿します。



■一方、

”経験がないこと”

はその分野について語ることを
抑制するような働きがあります。

だって、経験していない、わけですから。



私も人材開発という領域にいながら、
しばしば感じます。

研修参加者の中、
コーチングの対象者の中には、
いろんな人がいます。

たとえば

・熟練した経営者、
・多くの苦難を乗り越えられたマネジャー
・キャリアも長く歩まれている成熟したシニアの方

などなど。

その方々のご経歴、つまり

”経験されてきたこと”

に思いを馳せると、
尊重・尊敬の念が生まれると共に、


「この方々に自分の”経験”から
 マネジメントやコーチングをテーマに
 伝える資格があるのだろうか・・・」


という一抹の懸念が
よぎることがありました。



■私の中には、


「自分が経験をしたことでなければ
 相手に伝える資格がない」

 
という無意識の前提があり、

それを払拭することが
なかなかに難しい、、、

ということがありました。



■この心情について、

お慕いするとある元経営者の方に
会食の場で話す機会がありました。

そうしたところ、
こんな言葉を頂きました。


「もし経営者に対して、

 ”その人以上に経験がある人でなければ
  教えられない”
  
 となると、
 
 突き詰めていくと
 経営者に教育できるのは
 孫さんや稲森さんだけになっちゃいますよね」


でも、

実際はそうじゃない人がマネジャー教育やら
エグゼクティブ向けにやっていますよね

ま、そういうものかもしれませんね

、、、

そんな何気ないお話でした。



■確かに、言われてみれば
そのとおりです。

もちろん経験があるに
越したことはありません。


”経験がないから自信がない”

というのは、
当人にとっての事実ではありますが

同時に成果に影響を与える
一つの要因にすぎない、

とも言えます。



■例えばこんな話もあります。

エグゼクティブ・コーチングの研究で
”効果を出すコーチの条件”として
以下の2パターンがあるそうです


1)その業界におけるマネジメント経験者

2)または、心理学的な知識を持つ専門家


とされています。

すなわち

「バリバリの経験者」というパターンと
「違う角度の専門家」というパターンがある

ということで、

経験以外の価値提供に仕方がある、
ということです。



■あるいは、

私の個人的思い出で、
こんなエピソードもありました。


紀藤が大学生の時に
北海道の帯広で住み込みバイト
(じゃがいもの収穫を手伝うお仕事)で


そこにいた監督係のS先輩(当時25歳)が、
現地の農家の経営者の方(50歳くらい)に

色々とマネジメント等について
アドバイスをしていました。

その姿を見て、私は

「年の差とか、経験の違いとかあるのに
 よく色々伝えられますよね?」

というと、S先輩は

「農家さんのほうが
 詳しいことはたくさんあるけど、
 
 ”自分が伝えられることもある”
 
 という自信があるからかもね」

といっていました。


つまり、同じ経験をせずとも、

・別の知識やスキル
・別の専門性

などを磨くことで、
相手に価値を提供できるという例として
思い出したのでした。



■あらためて

「私には経験がない」

というのは
誰かに何かを伝える上での
不安材料になります。

しかし、”経験”以外の
価値の提供も可能です。

”経験はたしかにあったほうがよいが
 経験していなくとも
「価値をお渡しすること」はできる”
 
ものです。


そのためには

・自分の専門性を磨くこと
・知識やスキルを蓄えること

など別の形の努力はもちろん必要。

しかしなにかを伝える上で
経験だけに縛られる必要はない、

そんな風にも思った次第です。


山の登り方は、1つではない。


自分に言い聞かせるように、
そう思っております。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

==========================
<本日の名言>

知識は、われわれが天に飛翔する翼である。

ウィリアム・シェイクスピア

==========================

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する