メールマガジン バックナンバー

今週の一冊『ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために』

今週の一冊『ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために』

2328号 2020年7月5日

(本日のお話 3290字/読了時間5分)

■こんにちは。紀藤です。

昨日土曜日は、
研修事前学習用の動画撮影でした。

現在、家がスタジオ化しております。



さて、本日のお話です。

毎週日曜日は、お勧めの一冊をご紹介する
「今週の一冊」のコーナー。

今週の一冊は、

========================

『ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために』
佐藤尚之 (著)

https://www.amazon.co.jp/dp/B079JRSVVQ/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_l1BaFbV7ZJZMG

========================

です。

■本日お勧めの一冊。

ビジネスでマーケティング
営業等に関わるような方、

または、

これから商売をしていこう
(副業などを含め)

と考える方に、
特にお勧めしたい一冊です。

結論、

「これからの時代はファンが超大事!」

という話です。

■さて、話が少し回り道になりますが
私の周りがたまたまそうなのか、

あるいはそのような情報が
目についてしまうのかがわかりませんが、

ゆくゆくは

「自分で何かしら商売をしてみよう」

と考える人が、以前より
明らかに増えているように感じます。

(副業OKという会社も増えてますよね)

しかしもし始めようとしても

「お客さん、どうやって見つければいいの?」
「このお客さんの数じゃ、食べていけないよ、、、」

と悩まれる方、非常に多いです。

はい、よくわかります。
まあ、それはそうです。

実際に、お客様と出会い
関係を深めるためには、
膨大な時間と労力がかかりそうです。

出会いの数も大切そうです。

■しかし、どんな状況であろうと、
この本は、

「これからのビジネスの成功のためには、

”応援してくれるファン(たとえ少数でも)”

とことん尽くすべし!」

という理由を、説得力のある形で
理論と事例を元に語ってくれる本です。

■私はこの本を読んで、

お仕事の機会をいただく人事の皆さま、
ワークショップにご参加いただく皆さまなど、

応援していただける、
選んでいただける方に益々コミットをしたい、

と思わされました。

その方の人生での、
「学びと挑戦を応援する」と同時に、

「応援したくなるような新しい試みを
打ち出し続ける自分(会社)である」

ことが、先が見えない中で、
今、私と会社ができる一番大切なことだと
気付かされました。

、、、という、まずは私の感想です。

■では、この本、どんなことが
書かれているのでしょうか?

以下、概要について。
書籍の紹介より引用です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人口急減やウルトラ高齢化、超成熟市場、情報過多などで、
新規顧客獲得がどんどん困難になっているこの時代。

生活者の消費行動を促すためには「ファンベース」が絶対に必要だ。

それは、ファンを大切にし、ファンをベースにして
中長期的に売上や価値を上げていく考え方であり、
その重要性と効果的な運用の方法を、
豊富なデータや事例を挙げて具体的に紹介する。

※Amazon本の紹介より引用

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(ここまで)

■新規顧客獲得が、
どんどん困難になっている。

その時代に色々やっても
ジリ貧(またはむしろ嫌われる)のが現状である。



例えば、皆さまも経験があるでしょう。

・なかなか終わらないYouTube広告
(6秒ならまだしも、30秒など許せない!)

・ネットで現れる不快なバナー
(しかも「✕」がちっちゃくて消せない、間違ってクリックしてしまう)

・ウェブを開いたら、ひたすら届く中身のないメルマガ
(私のはそうではない、と信じておりますが、、、汗
もしそうだったらごめんなさい)

・資料請求したら、やたらとかかってくる営業電話

という「新規の必死な営業」に、
遭遇をしたことがあるのではないかと。

■情報がどんどん増えて、
私達も何がなんだかわからず
とりあえず申し込んでみるものの、

クリックした数に比例して届く
圧倒的な情報に打ちのめされ、

「もういらんわい!!」

と”情報疲れ”をしている。

新規顧客を獲得するのは、

「1)情報の波」

そして、

「2)人口が現象の波」

という2つの波で、
ますます厳しくなっていくのです。

これは、基本的にBtoC、BtoB、
あらゆる仕事で同じことが言えます。

■では、ビジネスをする人が、
何をどうすればよいのか?

それが

『ファンベース』

という考え方です。



「パレードの法則」という
有名な法則があります。

それは、別名「20:80の法則」とも呼ばれ、
具体的には、

”20%のお客様が、売上の80%を占めている”

という傾向を見つけた法則です。

(他にも、色んなことに応用できます。
組織の成果を出す営業の割合や、
成果に繋がる時間の使い方の割合など)

そして、調べてみるとこの法則は、
実際に当てはまっていることがわかりました。

大切にすべきなのは、
売上の80%を作ってくれる、

「上位20%のファン」

であり、さらに言えば、
そのうちの更に20%の

「上位4%のコアファン」

を何よりも大切にすること。

そして、価値を共に創り上げるパートナーにすること。

それが成功につながる、
といいます。

■そして、その「ファンベース」の考え方を軸に、
「戦略を組み立てよ」といいます。

例えば以下の3つの王道パターン。
(ちょっとマニアックになりますが)

1)中長期ファンベース施策のみで構築する

… 焦らない。じわじわと目の前のファンを大切にし、
LTV(ライフタイムバリュー)を上げ、ファンを増やしていく。
少数のコアファンを作る

2)短期・単発施策でファンをゼロから作っていく事から始める

… 予算があるなら、ファンをゼロから作ることができる。
しかし、ファンの入り口にするためには、
最初の接点で、グッとお客様の心を掴むことが大切

3)中長期ファンベース施策を軸に、
短期・単発施策を組み合わせていく(★おすすめ)

… 今いるファンを大切にする施策を断続的に打っていく。
同時に、短期・単発施策(マーケティングイベントなど)を
組み合わせて、相乗効果を図っていくという、1)2)の複合技。

とのこと。

(このあたりが気になる方は、
是非本書をよんでみてくださいね)

■かつ、そのための姿勢として、
以下の7つを提唱します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ファンベースを形にするための心構え>

{1}スモールスタートで楽しむ

{2}時間をかけることを楽しむ

{3}ファンになってもらう過程を楽しむ

{4}常連さんをお迎えすることを楽しむ

{5}ファンという少数と楽しむ

{6}コミュニティ運営を楽しむ

{7}キレイゴトを楽しむ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とのこと。

■これらは、本当に地道で、
時間がかかり、手間もかかり、
華々しいものではないかも知れない。

しかし、

とても充実した絆の深い関係を
お客様と共創する素晴らしいもので、

これこそがこれからの時代に必要な
マーケティングではないか、

と著者は語ります。

■、、、えっ、

マーケティングに関わっていないから、
自分にはこれらは関係がない?

そんな声も聞こえそうですが、
そうは言わず聞いていただきたい。

これは何もビジネスだけではなく、

”大切な人間関係を創り、継続し、育てるための技術”

と同じである、とも言えます。

■『TED』という世界的なプレゼンテーションの会合で、
ロバート・ウォールディンガー教授がある研究結果を
スピーチしました。

それは、

75年にわたる研究からわかったことが、

”私達を健康かつ幸せにするものは、
富でも名声でも無我夢中には働くことでもなく
良い人間関係に尽きる”

ことでした。

そして、定年退職後に一番幸福な人は、

『仕事仲間に変わる新しい仲間を
自ら進んで作った人たち』

であったとのことでした。

■この「ファンベース」の考えは、
もちろんビジネスの話でもありますが、

特に上記の7つの項目は、
良好な人間関係を作り上げるためのもの、

と言えます。

ゆえに、

”大切な人間関係を創り、継続し、育てるための技術”

として、ご興味がある方は
ぜひお手にとっていただくと、
きっと気づきがある一冊になるかと思います。

よろしければ、ぜひ。

========================
<今週の一冊>

『ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために』
佐藤尚之 (著)



========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する