メールマガジン バックナンバー

今週の一冊『リーダーシップに出会う瞬間 成人発達理論による自己成長のプロセス』

今週の一冊『リーダーシップに出会う瞬間 成人発達理論による自己成長のプロセス』

2370号 2020年8月16日

(本日のお話  3668字/読了時間5分)

■こんにちは。紀藤です。

昨日土曜日は、久しぶりに
髪を切りに美容室へ。

またその後は
You Tubeの動画撮影に向けた
打ち合わせなどでした。

緊張しますが、ぼちぼちと
You Tubeプロジェクトも
始めて行きたいと思います。

*

さて、本日のお話です。

毎週日曜日は、お勧めの一冊を
ご紹介する、今週の一冊のコーナー。

今週の一冊は、

====================

『リーダーシップに出会う瞬間 成人発達理論による自己成長のプロセス』

有冬典子 (著), 加藤洋平 (監修)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07NDDBKT4/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_UGkoFbCRY5Y9F

====================

です。

■来ました。

物凄く読みやすく、
かつ本質的な話が書かれている名著。

私も様々な本を読みますが、
この本は、難しくなく、スラスラ読めて、

でも大切なことが心にすっと入ってくる
素晴らしい一冊でございます。

■さて、そんな今週の一冊、

『リーダーシップに出会う瞬間
成人発達理論による自己成長のプロセス』
有冬典子 (著), 加藤洋平 (監修)

ですが、どのような本なのか?

、、、キーワードは、

「成人発達理論」

という言葉です。

■人材開発に関わられている方であれば

「成人発達理論」

という言葉、聞かれたことがある方も、
いらっしゃるかも知れません。

(そうではない方は、
おそらく聞いたことがないのでは、
と思います。ややマニアックなので)

この、「成人発達理論」とは、

ハーバード大教育大学院教授で
組織心理学者のロバート・キーガン氏が牽引する、

”大人の成長”

を研修した理論です。

要約をすると、
以下のような内容です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「成人発達理論」とは・・・

人間の成人以降の成長・発達に焦点をあてた心理学の理論。

人間の知識やスキルを司る「知性」や「意識」が、
成人以降も生涯をかけて成長・発達していくことを前提とし、

人間の成長・発達のプロセスとメカニズムを研究し
理論化したのが「成人発達理論」である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とのこと。

■脳科学的に、子供は「成長」する。

しかし、大きくなった後に、
「大人は成長」するのだろうか?

いや、大人になったら
心は成長しないのでは?

、、、このような考えが
1980年以前は考えられていたそう。

しかし、この「成人発達理論」の研究により、

”人はおとなになっても、生涯、成長し続ける”

ということが明らかになってきました。

特に、体は成長しなくても、
「知性」「意識」という
心の面で成長をし続ける、ということ。

■確かに、皆さまも
ご自身の経験から、きっと
心当たりがあるかと思います。

・仕事で多くの利害を調整し進める、
大変なプロジェクトを経験した。

・同僚や上司と、時にぶつかり合い、
時に歩み寄り、色んな人の気持ちを知った。

・自信がない中でも、敢えて
意見主張し、リーダーとして
自ら渦を巻く経験を得た。

、、、というように。

大きい小さいは
人それぞれだったとしても、

”今までの殻を破った”

と感じた瞬間、

・何か違う自分になった、
・質的に自分が変化した、

というような変化感を覚えたこと、
ある方もいらっしゃるのではにないか、

と思います。

■そう、その体験こそが、

まさしく

「成人発達理論」

の変化の瞬間。

タイミングは人それぞれで
かならず発達しなければいけない、

というものでもないですが、
人はそんな成長のプロセスを
歩むことができる存在である、

ということは確かなのです。

■では、その、
「成人発達理論」の成長プロセスとは、
一体どのようなものなのでしょうか?

著書によると、
以下のように大人は意識面において、
成長を遂げていく、と語ります。

以下、その成長と発展を、
簡単にまとめてみました。

■まず最初は、

【レベル1,利己的段階】(エゴリーダー)

です。

この段階の人は、

他者は

「自分の欲求を満たすための手段・道具である」

と考えています。

ゆえに「あの人は使える、使えない」という言葉を使ったり、
味方か敵か、役に立つか立たないか、で人を見たり。

一方、この段階では

「自分の思いを押し通す力」
「はっきりと意見を言うこと」
「譲らない強い意志を養う」

という力が養われるといいます。

*

要は、”自分のことだけ”という状態ですね。

そのために、周りが傷つこうがなにしようが、
気にしない、という状況でしょう。

周囲との同調を大事にする
日本の大企業などには少ないかもですが、
しばしば目にします。

■そして1つレベルが上がって、次の段階。

【レベル2、他者依存段階】(八方美人)

です。

他者は「自己イメージを形成するために必要なもの」と考えている。
集団や組織に従属することが主な欲求である。

ゆえに、
「私は人にどう見られているのだろう?」
「決まりを守らなければ」
「みんなに迷惑をかけてはいけない」
という思考が主に働いています。

一方、この段階では、

「他人の気持ちを推察する力」
「空気を読む力」
「角が立たない立ち居振る舞いや言葉の使い方」

の力が養われる、といいます。

なんとなくですが、この段階の方が、
一番多いような気がします。

自分の意見を言い過ぎるのもイマイチですが、

同時に、この「他者依存」段階が強すぎて、
本当は欲があるのに自分の意見を出すこと自体、
怖がること、実に多いように思います。

なんとなくですが、
ここの段階の大人が一般的な組織では
一番多いんじゃないかな、

と思います。

■そして、もう1つレベルが上がります。

【レベル3,自己主張段階】(コアリーダー)

です。

この段階では、

「自己の独自の価値観を求める」

ことが始まります。

そして、他者は協力者や仲間である、
という見方で接します。

ゆえに、

「私は私の信じる道をゆく!」
「理想とする生き方や社会がある」
「私の信念は絶対譲れない!」

という強い意志を示します。

ここでは、

独自の価値体系を構築する
考えを言語化する力
巻き込み力
向上心

などの力を養っていきます。

ゆえに、「芯がある人」という
イメージでしょう。

■そして最後の段階、

【レベル4,相互発達段階】(超コアリーダー)

です。

はい、コアリーダーを超えて、
「超コア」リーダーになりました。

レベル3のコアリーダーが、
自分の信じる価値観、道を突き進んでなお、
それを手放し多様な状態。

「全ての価値観は素晴らしい」
「全て正しい」
「自分と他者は一体である」

というような全体の中での自分を捉え、
他者の成長を”真から”喜べる、

そんな状態です。

ここでは、

・個と全体の双方の可能性を
最大限に引き出す力
・その瞬間瞬間、共にいる力
・新しい自己への好奇心

などの力が養われます。

たまに出会う、

「この人、本当に自分の
全てを受けていれてくれそうだ」

Beingレベルでの器の大きさを
感じさせてくれるような人、

が私の中のレベル4の方のイメージです。

■、、、と

レベル1〜レベル4まで
ズラズラっとご紹介いたしましたが、

皆さまは、ご自身に当てはめてみて
どのように感じられますでしょうか?

おそらく、
厳密に「ここ」というよりも、

レベル2と3の間、とか
状況によって行ったり来たり、

を繰り返しながら
少しずつ螺旋階段を登るように
成長していくものかと思います。

■ただ、このレベルを上に上がるほど、

”視点が増えていく”

(自分、相手、全体と
見える世界が変わっていく)

といい、考える深さも広さも、
拡大していきます。

そして、それが

【大人の成長である】

というのでした。

■ちなみに、これは、

「何でもかんでも成長すればよい」

というわけではありません。

その人に来るべきタイミングが来たら、
自ずと向き合うような状態になるもの。

だから、今回の「成人発達理論」の話を、
私がメルマガで熱く語っても、
興味がない方はないはず。

そしてそれでよいのです。

ただ、もし何か感じるものがあるのであれば
それは自分が次のステージに向き合いたい
自分を変容させていきたい、
そんなタイミングにきているのでしょう。

■、、、とつい

「成人発達理論」

の話を詳しくしてしまいましたが、
今回ご紹介している一冊は、

ある女性が成長していく物語を、
成人発達理論にのせて小説風に追体験できる、

そんな一冊になっています。

某大手食品会社で、
女性管理職を登用しようという中で、

将来の課長候補として
選ばれた30歳の女性。

社内のお局的な50歳の女性課長。

40歳手前の
成人発達理論を教えてくれた
他部署の女性課長。

そして仕事の中で出会うトラブル。
人間関係に軋轢。

パワハラまがいの言動。

、、、

そんな中で悩みながら、
自分を見つめて歩む成長譚が、

「大人の成長ってこういうことなんだ」

と思わせてくれる名著です。

*

以下、著書の紹介です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<成人発達理論をもとに、
潜在的なリーダーシップを開発するための本>

女性リーダーに抜擢された30歳の女性社員が主人公。

メンターの先輩女性や思慮深い相談相手の同僚、
上司らに支えられながら、自分の信念に立って
自分らしいリーダーシップとは何かに気づき、
人間性豊かに成長するプロセスが、誰もがどこかで
経験する、共感的なストーリーでわかります。

成長のプロセスは、ハーバード大学教育大学院などで
研究が進む「成人発達理論」をベースにしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本の中で紹介される比喩やエピソード、
言葉なども、非常にわかりやすいのも魅力。

わかりやすいのに薄っぺらくない、
素晴らしい本だと思いました。

おすすめです。

====================
<今週の一冊>

『リーダーシップに出会う瞬間 成人発達理論による自己成長のプロセス』
有冬典子 (著), 加藤洋平 (監修)



====================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する