メールマガジン バックナンバー

2860号 2021年12月20日

「あなたは自分のことを有能だと思いますか?」の問いに対する 自尊心を高く保つため回答方法

(本日のお話 1756字/読了時間2分)


■おはようございます。紀藤です。

さて、先日よりお話を進めております
「自尊心」シリーズ。

本日も引き続き、
お届けできればと思います。



もしかすると、

「完璧でなければならない」と、
自分に対して期待値を高く設定し

それによって自らを疲弊、
自尊心を下げてしまっていることが
あるかもしれません。


今日はそんな方に対して、

「自分に対して
 思いやりを持つ考え方のスキル」
 
についてのお話です。


それでは早速まいりましょう!

タイトルは、



【あなたは「自分のことを有能だと思いますか?」の問いに対する
  自尊心を高く保つため回答方法】



それでは、どうぞ。



■これまでのお話でも
お伝えをしてきましたが、

「自尊心」とは、

・幸福感
・やる気
・他者との信頼関係

等に影響する、
重要な要素であることがわかっています。


心の中で、自分に対して否定的な対話をすると、
成長や人生の楽しみが、阻まれてしまいます。



■さて、タイトルでもある


「あなたは自分のことを
 有能だと思いますか?」


と問われたとしたら

皆さまであれば、
どのように答えるでしょうか?



■人によっては、

「自分はできないことがたくさんある。
 有能かって言うと、まだまだだから無能に近い」

という人もいるでしょう。

あるいは、
もう少し分析的に、
 
「有能の定義って、なんだろうか。
 自分は全ての分野で完璧に能力があるわけではない。
 だから、ある部分では有能、ある部分では無能だ」
 
という人も
いるかもしれませんし、

あるいは他者と比較して

「いや、自分は先輩と比べたら
 まだまだできないことばかり。
 だから無能に近い」
 
という人もいるかもです。



■上記は一例ですが、

もし上記に近しい考え方をしているとしたら

・「白か黒か」の考え方が根底にあり
・自分に対して批判的になりやすい思考

かと思われます。


”自分に対して
 批判的になりやすい思考”を
 
あえて図にすると、
こんなイメージです。



0                  10
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
無能                有能



すなわち、

「有能」とは
「完璧に有能」を表している。

できないことがあると、
すなわち「無能」に近づく、

ということ。



■しかし、

考えてみると
上記の表では少し厳しすぎます。

10でなければ、有能ではない。

10でなければ、0である。


もしこのような考えをしているとしたら
自分に対しても否定的になってしまいます。




■、としたときに、

以下のように考え方を
変えてみる方法があります。

いわば

「自分に対して
 思いやりを持つ考え方のスキル」
 
です。

こんなイメージです。


0                      10
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
無能         有能          完璧

ダメ人間      学習者
          成功者


、、、さて、
何が違うのでしょうか。


まず1点目は、

見ていただいた通り、

「無能ー有能」
 ↓
「無能ー有能ー完璧」

という幅がある表現に
グラフを変えています。



そして、2点目に、

無能・有能の言葉の定義を
改めて明確にしています。


無能=ダメ人間

有能=学習者(失敗も含めて学んでいる途中の人)
   成功者(挑戦して、何かしらの貢献をしている人)
   
完璧=完成していて欠点がない人


とするわけです。



■このように表現することで

”中間の状態が正しく認識される”

”自分に対して「有能」という捉え方が
 より行いやすくなる”
 
という効果があります。



■ということで本日のまとめです。


・「あなたは自分のことを有能だと思いますか?」という
 問いにどのように答えるだろうか
 
・もし「無能ー有能」の白黒で考えていると
 自分は無能と自己批判的になりやすい
 
・自分自身のことを現実的かつ、肯定的に考えるために
 「無能ー有能ー完璧」と中間地点を正しく認識できる
 考え方を行うこと

・そうすることで、自分に対して
 肯定的かつ、更にというスタンスで取り組むことができる
 
 
というお話でした。

※本日のお話は
 『自尊心を育てるワークブック(第二版)』(グレン・R・シラルディ/著)
 を参考にいたしました。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。
本日も皆さまにとって、素晴らしい1日となりますように。

==========================
<本日の名言>

負い方一つで重荷も軽い。
見えにくいものでも、視点を変えれば見えてくる。
難しいことでも、方法を変えれば解決する。

ヘンリー・フィールディング(イギリスの劇作家/1707-1754)

==========================

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する