メールマガジン バックナンバー

1091号 2017年2月8日

「学びの価値」は、経験して初めてわかる

(今日のお話 1704字/読了時間2分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は4件のアポイント。

ならびに、夜は友人のお誘いで、
日本橋にてとある勉強会に参加。

とある組織コンサルの方が、
ほぼボランティアでやっている勉強会で、
並々ならぬ経歴・経験の持ち主の方の、
おそらく、通常であれば数万円するレベルのノウハウが、
「わずか3000円で学べる」という、稀有な場でした。

昨日は、

「価格戦略」

というマーケティングの話について初めて学びましたが、

”ファミチキとKFCのチキンの価格が、
 微妙に変わり続けてきた理由”

とか

”なぜニンテンドー3DSは大幅に値下げをしたのか”

とか

”今の時代のCDの価格はどうあるべきなのか?”

などなど、
この世の中の”価格の理由”について、
違った切り口で見ることができました。

いやー、面白かったです。



さて、本日はそんな話を受けて、


「””学びの価値””は、経験して初めてわかる」


というタイトルで、
「学びへの投資の価値」について、
思うところをご共有させて頂きたいと思います。

それでは、どうぞ。

■当たり前の話ではありますが、私達は、

”有限の時間とお金”

の中で、生活をしています。

ですから、
意識してもせずとも、
自分の頭の中で優先順位を付けて、

「これは面白そうだから必要だな」
「これは行かなくてもいっか」
「これ、買おうかな、どうしようかな」

と迷い、考え、そして

”自分の時間とお金をどこに使うか?”

を決めています。

特にお金の使い方がシビアな人は、

「これは本当に役に立つのだろうか」

と考えに考えに考え、
そして納得できたときにだけ決断する人も、
いらっしゃるのだと思います。


■しかしながら、私は、
私は個人的に、

”例外の事柄”

があると思っています。

つまり、「役に立つか天秤にあまりかけないほうがいい事柄」が、
例外的にある、ということ。

それは、こと

「学び」

について語る場合。


学びについては、

「学んでも、スグ使えるかわからないし、
 うーん、またの機会にするよ。」

という考えは、出来る限り少なくしたほうが
実は結果的に得るものが多い、

と感じるのです。


なぜ、そう思うのか?

その理由は、


【「学びの価値」は、経験して初めてわかる】


から。

ただその一点なのです。


■例えば、私の昨日の話です。

私は昨日、友人の勧めで、
19:30~21:30で、3000円という時間を使って、
(つまり、お金とエネルギーを使って)

『3つの価格戦略』

というマーケティングの話を学びました。

実は、興味が元々合ったか、と言われると、
こんな話(失礼)”考えたことすら”ありませんでした。

縁がない話だし、仕事にも直接関わらない。

だから正直なところ、
友人に勧められたときは、
”全く”、興味はありませんでした。

興味がない理由を、言葉にするならば、

「自分マーケティング担当でも、社長でもない。
 私は営業。営業に”価格戦略”は、別に必要ではない」

ということになるのでしょう。


しかし、です。

とりあえず信頼のおける友人のススメだし、
何が学べるからわからないからこそ、参加しよう、
ということで、実際に、学んでみる。

すると、驚き、発見があるのです。


「自社のサービスの価格はこのように決まっていたのか!」


とか、

「この価格戦略であるならば、自らの仕事のポリシーは、
 ”いかに付加価値を高めるか”にもっと注力すべきだ」

とか、

「形のない商品を作るときに、
 お客様が妥当性を感じられる値付け方法」

など、かなり役に立つ情報が
盛りだくさんである、と気付くのです。


つまり、


『「学ぶ前」は、自分に関係ないと思っていたことが、

「学んだ後」、実は関係があること気付いた』


ということ。

言い換えれば、

【「学びの価値」が、経験して初めてわかった】

ということです。


■人は、自分の「知っている世界」の中しか、
想像ができません。

逆に言えば、
「知らない世界のことは想像ができない」
わけです。

そして、

『「学び」とは、”知らない世界”を知ること』

を意味します。


だから、「学び」の価値について、
学ぶ前からあれこれ判断するのは、愚問なのです。


「学びの価値」は、知るその瞬間まで、
その価値の大切さに気付くことはないのです。


繰り返しになりますが、


【「学びの価値」は、学んで初めてわかる】


のです。


■「学ぶこと」は
エネルギーも時間も、そして時に
膨大なお金も使います。

だから、

「この”学びへの投資”は
 本当に価値があるのだろうか?」

と躊躇する気持ちも当然、あるのでしょう。


しかし、知らない世界の”学びの価値”を、
学ぶ前から判断することは、
いたずらに自らの世界を拡げるチャンスを、
狭めることになりかねません。


だからこそ、

自分のアンテナに少しでも引っ掛かったのであれば。

または、自分のことを知る人からのススメがあったのであれば。



『学びについては、
”興味のあるなし関わらず、とりあえず参加してみる”
という行動習慣を持つ』


ことが、

自らの可能性を拡げ、
自らの能力を解放し、
よりよい未来を得るために、非常に重要ことなのであろう、

そのように思った次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日が皆さまにとって素晴らしい1日となりますように。

【本日の名言】 才能は隠れているものだから、
出かけていって見つけなければならない。

フロリアン”

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する