メールマガジン バックナンバー

2518号 2021年1月11日

大学院受験の出願にて感じる、”危機感は「知ること」から生まれる”という話

(本日のお話 1762字/読了時間3分)


■こんにちは。紀藤です。

昨日日曜日は、朝から
プライベートのオンライン勉強会の開催。

ならびに終日読書。



さて、本日のお話です。

この3連休も、

【大学院受験プロジェクト】
「人材開発・組織開発のプロになるための16冊」を学ぼう!の会 
https://forms.gle/fLySpASvk6WzY5DMA

のために本を読んでいました。



さて、個人的な話ですが
上記にあるとおり、2月に大学院受験を
受けることにしております。

1月8日に出願期間が始まりました。

そして、色々準備をする段階になって、

”知らなかったことによる
致命的な準備不足”
が明らかになってきました(汗)


今日は自らの反省をお伝えしつつ
学びと気づきを皆さまに
ご共有させていただければと思います。


タイトルは、


【大学院受験の出願にて感じる、”危機感は「知ること」から生まれる”という話】


それでは、どうぞ。





■1月8日。

年末に受けようと思いたった
大学院の出願期間が始まりました。

色々とバタバタしておりましたが、
大学から「卒業証明書」や
「学業成績及び単位取得証明書」などを取り寄せ、
必要書類の準備を進めていました。

同時に、小論文に必要な読書を
「勉強会」として進めておりました。

(ちなみに、いつもご参加頂いている皆さま、
 誠にありがとうございます。感謝しかありません)



■ちなみに、
2ヶ月ほど前に大学院の説明会がありました。

そこで、在校生のQ&Aがあり、
受験対策について質問がありました。

回答としては、

「受験対策は、教授おすすめの
 16冊の本を対策として読んだ」

くらいの情報。

ゆえに、

「なるほど、本読めばいいのね。
 小論文対策はしておこう」

で終了。

後は何か必要かよくわからないけど、
小論文=読書だな、と思っていたのです。



■、、、そんな中、
先日出願しようと思った際に、

「プロジェクト研究計画書(A4 2枚以内)」

なるものがあることに気が付き、

「ん?これはなんぞや?」と思い、
ネットで調べてみました。


すると、どうやら大学院受験では通常、
「プロジェクト研究計画書」なるものが
あると初めて知ります。



■そこで、Amazonで調べてみると、


『大学院に合格できる! 研究計画書 書き方実践講座』


みたいなものが、
何冊か出ているではありませんか。

そんな存在、全く知らなかったぞ、
というか聞いていないぞ、と(汗)

(ただ私が知らなかっただけ、
 もっというと調べていなかっただけなのですが、、、)


■そしてその本を買って
序文を読み進めるとこうあります。


”プロジェクト研究計画書は
 合否の6~7割を占めると言われる
 重要な計画書である(!)”


とのこと。

更に読み進めると、

”専門分野にまつわる本を読み、
そしてまとめる必要があるので分野によっては
1年くらい前から準備する(!)ことが望ましい”

とあるではありませんか。

頭の中に

「!!」

が浮かび上がりました。



■この事実を出願期間が始まって
知ったわけです。。。

自分の深く調べなかった安直さを反省しつつ、
これも学びの一つだな、
一応やれるだけやってみよう

、、、と感じた、という
自分の見通しの甘さにまつわる
お恥ずかしいお話でございました。




■さて、この反省から
抽象度を高めたときに、
学びと気づきがありました。


それは、


『危機感は「知ること」で生まれる』


ということです。


今回、大学院受験について、
年末に思いついたこともあり、
割と気楽な気持ちで考えていました。

「小論文か。まず本を読もう」

、、、と。


■ただこれらは読書も含め、
情報を仕入れる内に焦りは大きくなりましたし、

極めつけに大学院受験対策用の書籍を手にして
読み進めることで、これはやばい、と

”危機意識を明らかに自覚した”
わけです。
(遅すぎましたが汗)



■ですが一方、情報を仕入れず、

「危機意識がない」まま、
大学院受験に突っ込んでいったら、

「危機意識が芽生えた今」より
更に合格の可能性は低いでしょう。


■そして、こんな私の反省から、
学びを抽象化してみると、


「知らないがゆえに、
 危機感を持っていないことこそが、危ない」


といえます。


例えば、多くの人の
これからのキャリアなども、
そうかもしれません。
(私も含め)


今後の日本の経済は、
コロナ禍の現状を抜きにしても
全く安心できる状況ではない。

かつテクノロジーの発達で
自分の仕事がなくなることも
あるかもしれない。


でも、未来のことを
リアルに考えないと、

「ま、大丈夫っしょ」

となっていたら、それこそ、

「知らないがゆえに、
 危機感を持っていないことこそが、危ない」

状況なのかもしれない、

とも思えるのです。



■無知は、危機感を見えなくします。

改めて、知ること、
油断しないこと、調べること、

その大切さを感じている
次第でございます。

大学院受験って、そうだったんだなあ、、、

学びになりました。


ということで、
やれるだけやって
同時に来年も視野に入れて、
長い視点で頑張りたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

==========================
<本日の名言>

発見を妨げる最大の障害は、無知でなく、
知っていると錯覚することである。

ダニエル・J・ブーアスティン(米国の作家/1914-2004)

==========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する