メールマガジン バックナンバー

2564号 2021年2月26日

続けるコツは「ゆるいルール」づくりから。30時間制から学ぶ

(本日のお話 1554字/読了時間2分)


■こんにちは。紀藤です。

木曜日金曜日と2日間、
ストレングス・ファインダーの
企業研修の実施でした。


かつ、今は家事も
私の担当でありますので

研修して仕事して家事をして
疲れてふと横になったら
目を覚ましたら4時でした(汗)

(、、、ということでこんなに
 深夜(早朝?)のメルマガで失礼いたします)
 


さて、本日のお話です。

今日は「物事を続けるコツ」について
皆さまにご共有させていただければと思います。

それでは早速参りましょう。


タイトルは、


【続けるコツは「ゆるいルール」づくりから。30時間制から学ぶ】


それでは、どうぞ。



■このメルマガはスタートしてから
今日で2564号目になります。

一応、

”1日も休ます配信している”

という謳い文句(?)で
粛々と続けております。


(そして、重ねてですが
 メールを開いていただける皆さま
 いつもありがとうございます!)



■ただ、今メールを書いているのは、

2021/2/27の朝4時30分であり、

厳密に言えば

「2021/2/26の号は
 深夜0時を回っているので
 配信できていないことになる」

わけです。


ゆえに、

”1日も休ます”

とはなっていない、
という解釈もできます。



■、、、ただし重要なのは、
その日の時刻中に送れたかという
厳密なる事実よりも、


「毎日休まずに続けている“感覚”」


なのです。

このメルマガは、
日々の私の省察であり、
学びを言語化する日々の習慣。

かつ、皆さまとのご縁を紡ぐ
糸のようなもの。


■これを紡ぎ続けることが
よほど大事なのですが、

なかなか厄介なもので、
物事というのは1度辞めてしまうと
ずるずるとそちら側に引っ張られて
結局、やらなくなしまいます。



■現に、メルマガも沢山の方が
始めては辞めていきますが、

辞めてしまうきっかけになるのは、

「ま、今日くらいいっか」

です。

配信すると決めたけど、
やらない1日を作ってしまうことで
例外を認めることにまります。

今日もいっかな、、、
となり、最終的にその習慣すら
消えてしまう。

だって、やらなくても誰も責めないし、
基本めんどくさかったりしますので(汗)



■それはあたかも、
堤防に小さな亀裂が入ると、
そこから水が浸透し

堤防が決壊するごときよう。
(=配信の習慣が崩壊する)

ゆえに、自分の感覚として


「何が何でも毎日続ける」


ことは、習慣の堤防の亀裂を作らないために
絶対死守しなければならないことなのです。



■、、、といいつつも。

どうしても
配信するのが難しいときがあります。

例えば、

体調的なこと。
急なトラブル。
その他天変地異とか。


今日の私のように、
特段トラブルがなくても、

研修→仕事→家事のコンボで疲れて
失神するように眠って気づいたら
4時だった、、、とかもあります。

でも、

「今日はもう、
 メルマガ送らなくていいや」

とした瞬間、

堤防決壊に確実に(確実にです)
つながってしまいます。



■ゆえに、そんなとき、

例外になりそうなときにどう対処するかが、
「習慣を続けるポイント」になります。


そのポイントが、


【ゆるいルールづくり】


です。


具体的にお伝えしますと、

”「テレビ欄」ルール”

はおすすめです。



■テレビ欄は
深夜24時を回っても、


深夜1時=25時

深夜2時=26時

深夜3時=27時

深夜4時=28時


、、、と表記されたりします。

(今はどうだかわかりませんが、
 昔のテレビ欄はそうだったような)
 
 
ウィキペディアによると、
正式には

「30時間制」

といい、

日本の放送業界や天文分野、
深夜営業店舗などで用いられる場合がある

とのこと。



■つまり、
24時を回っていても、

「今日は2月26日の28時である」

とみなすルールがあるわけです。

これを自分にも適用してみる。
すると、今なお日々続けている感覚が持てます。


■大切なのは、続けることです。

繰り返しますが
一度辞めてしまうと、

もう一度始めるのは
極めて困難になります。


ゆえに、
もしできなかったとしても、

自分なりに解釈を変えて
なんとか続けている、

歩みを止めていないという
感覚を持つことこそが大事。



■そのために皆が「24時間制」でも

自分は「30時間制」としたり、
ときには「40時間制」にしたり。


まあ、限度はあるでしょうが、
積極的な例外事由も認めつつ、

うまく続けられる
「ゆるいルール」を持つことが

物事を続けていくための
一つのポイントであろう、

と思う次第です。


まあ、できればその日のうちに
終わらせたいのですけどね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
本日も皆さまにとって、素晴らしい1日となりますように。

=========================
<本日の名言>

一つのドアから入れなければ、別のドアから入る。
あるいはドアを造る。

ジョーン・リヴァーズ(米国の女性コメディアン/1933-2014)

=========================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する