メールマガジン バックナンバー

955号 2016年9月25日

頑固親父のリーダーシップ

(今日のお話 1786字/読了時間2分半)
■こんにちは。紀藤です。

先日、土曜日は、
朝から英語塾、ならびに読書など。

夜には、

『わが谷は緑なりき』(1941)

という、結構前の映画(白黒)を
妻とともに見ておりました。


最近、映画といえば、
『君の名は。』を観に行き、
非常に感銘を受けたところ。

改めて、
日本のアニメの素晴らしさを
痛感した次第です。


アニメ作品の中で巨匠と言えば、
誰もが知る、宮?駿監督。

その代表作である、
「天空の城のラピュタ」を作成するにあたって、
宮崎駿監督が感銘を受けた作品が、

この『わが谷は緑なりき』
という作品であるとのことで、
古い作品ながらも、深く、趣ある映画でした。


今日は、この映画を見て感じた、

「リーダーとしてあり方」

について、思うところを
皆様に共有させていただきたいと思います。


それでは、どうぞ。

■『わが谷は緑なりき』。

この映画は、19世紀末の、
イギリス・ウェールズ地方の炭鉱町を舞台に、
モーガン一家にスポットを当てた、人間ドラマです。

(ちなみに、第14回アカデミー賞受賞の、超名作です)

そのストーリーは、こんな感じ。



モーガン一家は、
古き良き、絆深い家族。

一家の大黒柱である父親を筆頭に、
肝っ玉母ちゃん、
そして男5人兄弟、加えて娘1人。

その町では、皆が
”炭鉱で働く”という文化。
男たちはススにまみれてこそ一人前。

そんな価値観が当たり前の村であり、
そして、時代でした。


昼は、炭鉱で汗とススにまみれ働き
仕事が終わると、風呂で汚れを落とし、
皆で食事をする。


最初に食事に箸をつけるのは、
一家の大黒柱である父親。

肉は父親の前。
お祈りをし、
皆で黙って食事を食べる。


しかし、そこには確かに、
”家族の絆”がある。

まるでイギリス版「3丁目の夕日」のような、
厳しくも暖かい家族像が描かれていきます。



■そんな劇中のワンシーンで、
こんな場面がありました。


それは、
一家の末っ子のヒュー(10歳くらい)が、
学校で上級生にいじめられ、
鼻血を出して泣きながら帰ってきたというシーン。


父親はその様子を見て、
こう言いました。


「悔しいか。

 それなら、逃げちゃだめだ。

 これから、傷を作ってきたら、1シリングやる。
 もし鼻が折れたら1ポンドやる。

 だから、逃げずに戦うんだぞ。」


父親は、ヒューの心をいたわりつつも、
彼の「悔しい」という気持ちを、
彼自身が克服する後押しする、

そんな行動を選択します。

さらに、
息子が大きい上級生に勝てるよう、
友人の拳法家(ボクサー)を紹介します。

結果、ヒューは拳法を学び、
いじめっ子を見返します。



■そして、無事いじめっ子をやっつけたのも、つかの間。


それを見ていた、嫌な先生が、

「喧嘩をするとは何事だ!」

といじめっ子を棚に挙げて、
一方的に、ヒューのみを、
棒で鞭打ちのごとく叩き続け、
ボロボロにしてしまいます。


息も絶え絶えで、
何とか家に帰ってきたヒュー。

彼は傷だらけで、
失神してしまいます。

そして朦朧とした意識で
うな垂れるヒューを見て、
父親は、こう言うのです。


「悔しいか。

 もしお前が望むなら、すぐにとんで行って、
 奴をボコボコにしてやる。

 ただ、お前が
 ”そうしてほしくない”と望むなら、
 俺は何もしない。

 お前の気持ちを、俺は尊重したい。」


そして、ヒューは泣きながら、

「いいんだ。自分で何とかしたい。」

そう言うのです。


厳格な父親は
「男になったな」と言い、
そしてそっとヒューの頭を撫でます。



■そしてそんな父親の姿勢を見て、
思うところがありました。

それは、
「人を動かすリーダー」の姿勢とは、
まさしく、この父親のヒューに対する態度、

すなわち、


【相手の立場に関係なく、
 相手の気持ちを一番に尊重すること】


そして、

【必要に応じて、そっとサポートする】

ということ
このような姿勢なのではないか、

そう思ったのです。



素晴らしいリーダーとは、

1から10まで、事細かに指示をしたり、
素晴らしい管理能力を持つということではなく、


”その人が、能力を開放し、
 自分で自分を育てることができる人物を育てる”


ことではないだろうか、
そのように思います。


例え相手が子供でも、
まだ、経験が未熟な若造だったとしても、


『相手が誰であれ、一人前の人として、
尊敬の念を持って接するということ』。


きっと、この行動こそが、
リーダーシップの一つの要素であり、
人間関係においても、大切な要素ではないか、


そんなことを感じた次第です。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。
皆様にとって素晴らしい一日になりますように。

【本日の名言】 子供たちは、大人の話ではなく、
大人のあり方によって教えられる。

カール・グスタフ・ユング

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する