メールマガジン バックナンバー

1597号 2018年7月1日

今週の一冊『サラリーマンは300万円で会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門』

(本日のお話 2327文字/読了時間2分半)


■おはようございます。紀藤です。

昨日土曜日は、徳之島にて、
仲間とともにトライアスロンの下見や、準備など。

また徳之島名物の、
「闘牛」観戦などでした。

明日は台風が直撃、とまでは言わずとも、
かなり接近するため、スイムのパートが中止となり、

”デュアラスロン(ラン→バイク→ラン)”

という競技になりますが、
吹き荒れる強風の中、いずれにせよ、
楽しんで参りたいと思います。



さて、本日のお話です。

毎週日曜日は、おすすめの一冊をご紹介する、
「今週の一冊」のコーナーです。

今週の一冊は、

=============================

『サラリーマンは300万円で会社を買いなさい
 人生100年時代の個人M&A入門』

(著:三戸政和)



=============================

です。


■人生100年時代。

この言葉は、新聞、雑誌、テレビ、
あらゆるメディアで報道され始め、

今では多くの人が意識する、
一つの流行語のようにすらなった感があります。

そんな中、本日ご紹介の、

『サラリーマンは300万円で会社を買いなさい』

は、中小企業に関する事業再生・事業承継を進める
投資ファンドを運営する著者が描く、
個人M&Aのススメの本です。


そして、それは決して、

”100年時代、自分が生き残るため”

だけではなく、

”一つの「日本再生」のロードマップ”

として、「小さな会社を個人が買う」ことを、
勧めているのです。



■以前、私の友人の会社の社長が、
立て続けに、こんな話をしていました。


「(私たちの)競合会社の社長から、
 後継者がいなくて困っている、と相談を受けた。

 その方はもうお年を召されていて、
 廃業しよう、とも思っているらしい。

 なので、その会社をM&Aして、
 自分たちの市場シェアを増やそうと思っている」


または、


「ちょうど、自分が進出しようと思っていた
 ”顧客リスト”を持っている会社の社長が、
 廃業を考えていることを、事業継承の会社から紹介された。

 ちょうどいいきっかけだから、
 実は、その会社を買おうと思っている」

、、、

そんな話でした。


■私はその時思ったことは、


「えっ!会社を買う!? 
 そんなの、べらぼうにお金がかかるんじゃないの?」


という、その1点でした。

ですから、私の返答としては
「いやはや、スゴイご決断ですね」
というような、コメントをしたのみでした。

しかしながら、2人の社長曰く


「こういう案件、増えてるんですよね、、、」


といっていたのが、印象的だったのです。


そして、この本を読んで、
改めてその”カラクリ”が理解出来るとともに、


『サラリーマンは300万円で会社を買いなさい』


という主張をするのか、という理由が、
大変よく理解できたのでした。


■さて、そんな本書の内容です。

主張しているポイントをお伝えすると、
以下のような話です。

(私の解釈で簡略化して説明しております。
 予めご承知ください)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『サラリーマンは300万円で会社を買いなさい』のポイント


<1,イントロダクション>

・100年時代、定年後の人生を守るために、
 収入が必要であることは明らかである。

・しかし、そのための備えがあるだろうか。

・もし、65歳を越えたときから、
 新たな就職先を見つけようとしても、
 時給もよくなく、良い収入は得られないのが実情。

・しかし、大企業や中堅企業で、課長程度の
 中間管理職を経験した、またはこれからするのであれば、良い選択肢がある。

・それが「資本家」(=会社を買って社長になること)である。



<2,「起業」は難しくとも、「事業承継」は比較的容易>

・「起業」は、尋常じゃないエネルギーがかかる。

・まず、よくイメージされる、定年後の「飲食店経営」は絶対手を出してはならない。

・飲食業界は、レッドオーシャン。 生き残るのが難しい上に、元手がかかる。
 (仕入れ、人件費、家賃、光熱費、他)

・また、「起業」というものは、そもそも難しい。
 ベンチャーキャピタルで目利きをして投資をされる中でも、
 成功するのは15%程度。

・だから、正直、一部の人しか成功できないのが「起業」である。

・しかしながら10年生き残った会社を買って、
 「事業承継」をするのであれば、話は変わってくる。

・既存の顧客、人材、設備、、、
 それらのものがある程度揃っている中小企業、
 しかも、「後継者問題」で困っている会社は、実はゴマンとある。

・その証拠として、2015年に休廃業・解散した企業
 8万3555社のデータを集めると、実に50.5%が黒字で廃業している。

・また、日本にある380万社のうち、
 250万社が「後継者不在」である。



<3,「大廃業時代」はサラリーマンの大チャンスである>

・中小企業は、時代が遅れた会社が、多数存在している。

・そのため、「大企業、中堅企業の普通のマネジメント」
 (=業務システム、組織開発のシステム、人材育成など)
 を入れるだけで、更に利益が改善されることもある。

・大手企業の管理職で、
 「部下を15~20名マネジメントしていた」
 などは、経営するに十分すぎるほどの経験・スキルである。

・現在は、もし会社を買って、倒産したとしても、
 「法人と個人が分けられる」という法律になっているため、
 家を売り払って、とする必要も、ない。

・だから、100年時代の一つの選択肢として、
 「中小企業を買う」ということをしてはどうか。
 (おすすめは、40~50代で買うこと)

・そしてそれが、日本の「後継者不在」の問題を、
 解決することにも繋がる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とのこと。


■これからは、組織もますます流動化し、
多様な選択肢が求められる時代になります。

自分のこれからの選択肢を拡げる上で、
実際にそれを実行する、しないは置いておいたとしても、
読む価値は十分にある本です。


世の中の会社の仕組み、特に、

「資本家と労働者」

という根本的な資本主義を作ってきた仕組みを知る上でも、
そしてそれを活用する側に回る、という意味でも、
とても参考になる一冊かと思います。

ご興味ある方は、ぜひ読んでみてくださいね。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日も皆様にとって、素晴らしい1日になりますように。


=============================
<今週の一冊>


『サラリーマンは300万円で会社を買いなさい
 人生100年時代の個人M&A入門』

(著:三戸政和)



=============================

このようなコンテンツを毎日配信しています。
日々のペースメーカーとして、社内ミーティングの情報集めとして、ご利用ください。

メールマガジンのご登録

プライバシーポリシーをお読みになり、同意のうえ、「登録する」ボタンを押してください。

キーワードから探す
配信月から探す

365日日刊。学びと挑戦をするみなさまに、背中を押すメルマガお届け中。

  • 人材育成に関する情報
  • 参考になる本のご紹介
  • 人事交流会などのイベント案内

メルマガを登録する